ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SONYのヘッドマウントディスプレイ『HMZ-T3W』は買いなのか? 購入者「すげぇ!! 確かにこれは劇場だ!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんの自宅のテレビは、どれくらいの大きさだろうか? そうカンタンに80~100インチのテレビは買えないものである。「だけど映画館のような臨場感のある演出を大画面で楽しみたい!!」 という人もいるはず。

・SONYの『HMZ-T3W』
そんな人はヘッドマウントディスプレイの購入を選択肢に入れるといいかもしれない。今回、実際にSONYのヘッドマウントディスプレイ『HMZ-T3W』を購入したユーチューバーのポチ氏(YouTubeのタレント)が商品レビューをしていたので、その評価をまとめてご紹介したい。

・超高画質な映像が楽しめる
『HMZ-T3W』は映画館のような大画面と、超高画質な映像が楽しめる、ワイヤレスのヘッドマウントディスプレイ。3D映像も楽しめるため、まさに映画館のような体験ができる。以下は、『HMZ-T3W』でPS4と映画を楽しんだユーチューバーの感想コメントである。

・購入したユーチューバーの声
「見るまでの準備作業が大変!!」
「凄い! ちゃんと立体感がある」
「すげぇ!! 確かにこれは劇場だ!」
「大画面で戦争してる」
「憧れの映画館を借り切って大画面でエースコンバットやりてぇって夢が叶ってる!!」
「メガネには優しくない。鼻当てが痛い」
「ナタを持った人が襲ってきた」
「酔います」
「ちゃんと立体感がある!!」
「ちょっと重いから疲れるかも」
「映像には感動した」
「迫力満点!! ここまで凄いと思わなかった」
「付属のイヤフォンが微妙」

・凄く奥行きがあるように見えます!!
このユーチューバーは、映画『パシフィックリム』を見た感想を「映画館で観る3Dは平面が重なっているように見えるんですが、これは凄く奥行きがあるように見えます!!」とも語っていた。

・メガネ着用でもOK
このユーチューバーは視力が0.1しかないらしいが、『HMZ-T3W』の調整により字幕は読めるようになったという。しかし映像がボヤけて見えたため、メガネを装着。それでもしっかり楽しめたようだ。

・大画面テレビに数十万円出すよりお得!?
しかし! いかんせん価格がまだ高い。約7万円である。最新技術が投じられたヘッドマウントディスプレイとはいえ、普通のテレビを1台買えてしまう価格であり、そうカンタンには買えないものの、見方を変えれば「大画面テレビに数十万円出すよりお得」とも解釈できる。さてどうするか?


https://youtu.be/RUPoJLNLewc

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/09/sony-hmz-t3w/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。