ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】プレゼン資料でマッチング!営業活動を効率化するサービス「Boxil」にフォーカス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ITを活用したビジネスツールは、これまでにも紹介してきたが、今回は営業活動にフォーカスしたものを、ご紹介しようと思う。

今年4月にリリースされた「Boxil」は、営業資料を掲載することで、企業と企業の結びつきを図るB to Bマッチングサービス。

チャットでコミュニケーションを取りながら、効率的に自社のサービスをアピールすることが可能。

電話やメールでアポイントを取る手間も省けるので、日々時間に追われる営業マンにとっては、大助かりのサービスだ。

スタートから、3か月。滑り出しは順調で、より使いやすくするため、利用体制も変更したとのこと。

提供元のスマートキャンプ、代表取締役、古橋 智史(ふるはし さとし)氏が、詳細について語ってくれた。

・招待制からオープン制へ!使い勝手がさらにアップ

Q1:まずはさかのぼって、「Boxil」提供のきっかけと経緯からお聞かせください。

もともと弊社では、2014年7月から、資料作成のクラウドソーシングサービス「SKET」を、運営しております。

そこでは、主に営業資料の作成を請け負う機会が多かったのですが、資料を作成するだけでなく、その資料自体で営業できる仕組みや、資料の改善ポイントが、定量的に判断できるサービスを作りたいと考えるようになり、「Boxil」が誕生しました。

Q2:「Boxil」とは、どんなサービスなのでしょうか。

ひと言で言うと、「資料を最適化する」サービスです。

営業資料を「Boxil」に掲載することで、サイト上でユーザーへ自社サービスのプロモーションを行える他、チャットで質問に回答することができます。現在は、企業のサイトへ資料を埋め込み、設置することができる機能も開発しています。(7月リリース予定)

また、資料作成自体を依頼したい場合には、「SKET」のクリエイターネットワークを活用して、依頼することが可能です。

これまでは、資料掲載は招待制で、事前に審査をする必要がありましたが、オープン制になったので、法人企業であればどなたでも、無料で資料を掲載することが可能になりました。

・秋を目処に資料解析機能を開発中

Q3:サービス開始から現在までの反響は、いかがですか。

順調に推移しています。実際にビジネスマッチングも発生しており、より機能を強化していきたいと考えています。

Q4:今後の展開について、決まっていることがありましたら、教えてください。

資料を解析する機能を、開発しています。独自の開発でして、9月末か10月を目標に、進めている最中です。

特に新規開拓や見込顧客獲得に、威力を発揮するという本サービス。新たな展開を求めているなら、利用してみてはいかがだろうか。

Boxil

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP