ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東大研究チームの快挙!着るだけで生体情報を計測できるテキスタイル型センサーを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今後ますます発展が見込まれる、ウェアラブルデバイス市場。

特に、医療やヘルスケア、スポーツ分野での活用が期待されているが、正確な生体情報の取得など、まだ課題がある。

この課題を解決すべく、テキスタイル型の電子素材も開発されてきたが、現存のものでは細かい形に並べることが難しく、電極や配線を精密に形成することは、困難だと言われている。

・身に着けるだけで心拍数や筋肉の収縮を測定

そこで登場したのが、今回の技術である。東京大学大学院工学系研究科、染谷隆夫教授の研究グループは、着るだけで筋電が計測できる、テキスタイル型のセンサー作製に成功したと発表。

学会をはじめ、多方面から注目を集めている。

同グループが開発したのは、伸縮可能な導体を、布地に1回でプリントする方法。

この伸縮性導体は、元の長さの3倍以上伸張させても、高い導電性を維持する。通常の半導体プロセス技術では、形成が難しい繊維素材の上に、伸縮性の配線や電極をプリントすることができるそうだ。

・伸縮可能なウェアラブルデバイス開発に期待

折るも曲げるも自由自在だから、接続するコネクターを、より皮膚に近づけることが可能。

これによりメーカー側は、心拍数や筋肉の収縮といった生体情報を、高精度で検出する、伸縮可能なウェアラブルデバイスを、製作できるようになる。

未来への希望を感じさせる、この技術。

商業化は未定だが実現すれば、ウェアラブルデバイスの発展に貢献できる可能性は高い、と予測されている。

JST(国利研究開発法人科学技術振興機構) プレスリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP