ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

骨折を逆手に!フジロックのヘッドライナーがクールすぎるライブパフォーマンスを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年のフジロックでもヘッドライナーを務める人気ロックバンド「Foo Fighters(フーファイターズ)」。

彼らが、7月4日(土)にワシントンD.C.の「ロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム」で行ったライブが話題を呼んでいる。

ツアー中、6月の公演でステージから落下して足を骨折した、フロントマンのDave Grohl(デイヴ・グロール)。

以降予定していたヨーロッパの5公演全てがキャンセルとなり、多くのファンをガッカリさせたが、その後オフィシャルサイトに、「4日が待ち遠しい! DCで会おう」とのメッセージを掲載し、復活を明らかにした。

そして復活公演当日。

ステージに現れたDave Grohlの姿を見て、スタジアムに集まったファンたちは一瞬のうちに熱狂した。

彼が座る椅子の下からはギターやベースのヘッドが突き抜け、背中にはバンドのロゴと後光のように配置された照明。

身動きが取れないことを逆手に取ったド派手なセットで、“骨折”さえも演出の一部に変えてしまった。

遠くから見てもこの通り。

フロントマンとしての圧倒的な存在感は、骨折前と変わらないか、むしろそれ以上?

その結果、心配していたファンを尻目に、ライブは大成功に終わった。

もしかすると、日本でも“後光イス”が見られるかも?

完治した万全な姿も見たいが、これはこれで彼ららしい、見応え抜群のライブパフォーマンスだ。

Foo Fighters
http://foofighters.com/

音楽(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP