ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロードバイクをニューヨーカーからレンタル!「Spinlister」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカの大都市を中心に、使っていないロードバイク、スノボそしてスキー用品を、ウェブサイトを通じて貸し出すサービスが、ユーザーの輪を広げているのをご存知だろうか?

・ハイスペックのロードバイクをレンタル!

「Spinlister」でユーザーがレンタル提供しているのは、ハイスペックの街乗りロードバイクが中心。

現在のところニューヨーク、サンフランシスコ、LAなどのアメリカの大都市を中心にサービスを展開。

ロンドンやアムステルダムなどのヨーロッパの都市でもユーザーを増やし、世界中に自転車愛好家のネットワークを広げている。

サイトを利用して、ユーザーは地元の人からバイクを借り、ニューヨーカー気分で街乗りロードバイクを楽しめる。

・“ガレージで眠っていた自転車が役に立つ”と人気に

自転車貸出システムは世界に広がっていて、ニューヨーク市が提供している自転車貸出システム「Citi Bike」など、観光客のをターゲットにした自転車貸出サービスが増えている。

しかし、市の提供する自転車は耐久性を重視しているため普通の自転車よりも重く、とても扱いにくいのが実情だ。

「Spinlister」を使えば、販売価格が15万から20万ほどする、軽くて乗りやすいロードバイクがレンタルできる。ガレージで眠っていた自転車が役に立ち、レンタル代でお小遣い稼ぎもできるので、地元の人にも人気だ。

・スノボやスキー用品もレンタルできる

その他、スノボやスキー用品もレンタル商品にリストされている。

地元の人と仲良くなるきっかけにもなりそうだし、アウトドアを海外でも楽しみたい旅行者には、とても魅力的なサービスだ。

ただ、個人同士の貸し借りの場を提供するこのサイトには、盗難時などの保証は付いていないので、借りた物の防犯管理や保険加入はユーザー側でしっかりしたいところ。

オフシーズンで、物置にしまい込んでいるスポーツ用品は日本にも沢山ある。このサービスが日本でも展開されることを期待したい。

Spinlister ウェブサイト

Spinlister iOS版アプリ

Spinlister Android版アプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP