ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カシオが2016年にスマートウォッチ市場に参入するとの報道

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

国内の大手時計メーカー カシオ計算機が、今急速に普及しているスマートウォッチ市場に 2016 年にも参入する計画だと Wall Street Journal が報じました。カシオは既に Bluetooth でスマートフォンと通信する G-SHOCK を販売しているので、厳密にはスマートウォッチ市場に片足を突っ込んだ状態だと言えます。今回伝えられたのはタッチパネルなどを搭載した一般的なスマートウォッチのことです。WSJ の報道によると、カシオは来年 3 月に日米でスマートウォッチ第一弾を投入する予定で、第一弾は機能やテクノロジよりも付け心地や堅牢性に注力した内容。機能は市場で出回っているスマートウォッチと大差ないそうです。G-SHOCK ブランドなのかどうかはわかっていません。カシオは過去にも、相手と通信できる腕時計「サイバークロス」や電子手帳機能を内蔵した「データバンク」など、スマートウォッチと呼べそうな様々な高機能腕時計を販売しています。スマートウォッチ第一弾には特に驚きはなさそうですが、その後は過去の経験を活かしたあっと驚く製品が出てくるかもしれません。Source : WSJ


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、「run+1」を「WalknRun」に改称
Android WearでYouTube動画を視聴できる「Video for Android Wear&YouTube」がリリース
謎のGoogle製端末「GG1」がFCCの認証を取得、新型Google Glassか?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。