ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NAOMI YOSHIMURA デビュー12周年記念でドリカムプロデュース作をiTunes配信スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本日7月2日にデビュー12周年を迎えたシンガソングライター NAOMI YOSHIMURAが、その記念として1stアルバム『muse』と2ndアルバム『APHRODITE』のiTunes配信をスタートしている。

 2003年と2005年にそれぞれ発表された上記2作だが、『muse』は当時DREAMS COME TRUE初の全面プロデュースアーティストとしてリリースしたデビューシングル『花』のアルバムバーションや、代表曲「幸せの湯」など全11曲を収録。一方の『APHRODITE』はTBS系『COUNT DOWN TV』でかつてオープニングテーマに起用された「太陽の公園」をはじめ、「すべて力に変えてみせましょう」「BROKENハト」などこちらも11曲が収録されており、こちらもDREAMS COME TRUEが手がけた1枚になっている。

 なお、NAOMI YOSHIMURAは祝日にあたる9月21日にはShibuya eggmanにて、1年ぶりとなる恒例のワンマンライブの開催も控えている。

◎1stアルバム『muse』
2003/09/03 RELEASE
DCTR-1006 3024円(税込)

◎2ndアルバム『APHRODITE』
2005/01/12 RELEASE
UPCH-1378 3024円(税込)

◎ワンマンライブ【NAOMI YOSHIMURA “THE LIVE 2015”】
9月21日(月・祝) Shibuya eggman
OPEN 11:30 / START 12:00

関連記事リンク(外部サイト)

NAOMI YOSHIMURA 1年ぶり恒例のワンマン開催決定、週末よりチケット販売スタート
『エヴァ』鷺巣詩郎が手掛けた『進撃の巨人』サントラの詳細が判明
Gacharic Spin パフォーマー2号ありさ卒業「学業に専念したい」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP