体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「国会議員は役人をいじめてないでちゃんと仕事を」パフォーマンスにすらなっていなかった規制仕分け

原英史さん

行政刷新会議が主催し3月6日と7日の2日間にわたって開催された「規制仕分け」が低調に終わってしまったのは何故か。規制問題に詳しく、ガジェット通信でもたびたびご登場いただいている政策工房の原英史さんに「規制仕分けを通して感じたこと」などをざっくばらんにお話していただきました。(取材日時:2011年3月7日17時)

●登場人物
原=原英史さん(政策工房)
ふかみん=深水英一郎(ききて、ガジェット通信)

原さんプロフィール:
原英史(はらえいじ) 1966年東京生まれ。東京大学法学部卒、米シカゴロースクール修了。89年通商産業省入省、07年から安倍晋三、福田康夫内閣で渡辺喜美・行政改革担当大臣の補佐官を務める。09年7月に退官後「政策工房」を設立。政策コンサルティングをスタート。近著に『官僚のレトリック』(新潮社) 10年10月、国際情報誌『SAPIO』にて連載開始。

規制仕分け

●問題の入り口から先へ進めなかった「規制仕分け」

ふかみん:規制仕分け全体を通して、原さんはどうお感じになられましたか。

原:結論をちゃんと出せてないと思います。なんでこのような形の「規制仕分け」になったのかがわかりません。これだけ多くの人を集めて議論するわけですから、論点を整理した上で緩和するべき点や具体的な解決策までつっこんでお話できたはずなんですが。「問題があることはわかりました」「調査しておいてください」程度の話で終わってしまっていました。でもね、問題があることなんて、最初からわかってテーマを設定してるわけですよね。ずっと問題の入り口のところを議論しているという印象でした。

●「仕分け」は役人いじめのための場か?

原:仕分けって、事業仕分けのときの延長ということもあって「役人いじめをするための会」という意識がいまだにあるんですよね。

仕分けをする人達がそういう意識でいる。リチウムイオン電池の安全性が向上しているので規制を緩和しようという話があったんですが、これはやや専門的な話なわけです。しかし、仕分けする側の人達は、「海外の制度がどうなっているのか把握しているんですか?」などときくわけです。役人の方は「常にそういうことをしているわけではないんですが、一生懸命調べているんです」と答える。すると仕分けする側が「なにやってるんですか!」と怒ったりするわけです。日本の規制なんて星の数ほどあって、それらを定期的にすべて外国と比較するとしたら日本政府の役人は現在の数倍必要なんじゃないですか?

ホントにそんなことやりたいんですか? と問いたいですね。結局そういう意味のない役人いじめに走っちゃってる。

●そもそもおかしな規制があるのは誰の責任なの?

仕分けをしている人達は、そもそもおかしな規制があるのは誰のせいなのかという点について、きちんと理解できていないと思います。規制を決めて、それを存在させている本当の責任者は「国会議員」なんですよ。「国会」なんです。

国民の権利に制限を加える規制は、基本的に法律に根拠がないとできません。実際は省令や通達など、役人が決める細かいルールがありますが、根っこのところには必ず「法律」があります。だから、変な規制があるとしたら、それは国会議員の責任なんです。

ふかみん:法律をつくるのは本来国会議員さんの仕事ですからね。

原:なので、国会議員が変な規制がなされないような法律の書き方をちゃんとしておけばいいだけの話なんですよね。それなのに、法律をつくる仕事まで全部役所に丸投げしてしまって、細かい規則が決められてしまっている部分はあまりチェックもせずに放置していたわけです。そしていざこういう場を設定すると「なにやってるんですか!」と言って怒っている。私にいわせてもらえるのであれば「誰の責任なんだかわかってますか?」と問いたいですね。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。