体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガード下の名店でカツカレーを食す! @横浜市鶴見『レストランばーく』

berk-katu1

いよいよ梅雨本番と言った感じで、不快指数もMAXな今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょう?

と、言う訳で食欲の落ちる、暑い時期には「カレーライス」がオススメで御座います。

カレーに入っている各種のスパイスには、食欲を増進させたり体調を整える効果があるモノが多く、これからの暑い季節には最適な食べ物と言えるでしょう。

と、言う訳でなんとなくカレーな気分の筆者は、横浜の鶴見駅のガード下にある、激シブな『レストランばーく』に行ってみました。

安くてボリューム満点の『レストランばーく』

berk-ham9_R

そのスジでは有名な『レストランバーク』ですが、知らない人の為に軽く説明しますと

「基本、大盛りで応用的にデカ盛りの店」

と思って頂ければ幸いで御座います。むしろ、それ以上でも以下でもありません。

あの『きたなトラン』でも三つ星を獲得するレベルの店でして、その外観は文化遺産レベルの渋さですが、とにかく

「個性的な定食がボリューム満点で安い」

のです。例えばワンプレート系のメニューならば「700円」で、中盛りで「+200円」大盛り「+300円」とリーズナブルなプライスです。

そして「個性的な定食」とは、なんぞや?って話ですが、それは後々、需要があれば紹介していく方向でお願いします。

『レストランバーク』は基本的に相席である

bark-6

とにかく人気のある店なので、基本的には「相席」になる事が多いと思います。

しかし、訪れる人の大半は常連客なので「相席上等!」のつもりで来ているので、さして混乱は見受けられませんでした。

このようなスタンスの店なので、お客さんは筆者も含めて中年のオッサンばかりかと思いきや、実は若い女子にも人気がある模様。

ここら辺は謎ですが、もしかしたら『鶴見大学』とかが近いからかも知れません。

ちなみに今回は、奇跡的に店内の写真をじっくり撮る事が出来ましたが、基本的には満席になる店なので要注意です。

「11時チョイ前に着いたら営業していた」

このような奇跡も起こり得るので、ブロガーの方達など店内の写真を欲する人達は、開店15分くらい前に訪れてみると幸せになれるかもしれません。

『カツカレー』(700円)を食す!

bark-katu5

基本、揚げ物大好きなのでカレーは「カツカレーこそ至高!」と思う筆者で御座います。

本来はベーシックスタンダードな『レストランばーく』の『カレーライス』を紹介するべきですが、そこは個人的な理由で却下です。

まあ、カレーもカツカレーも「ルー」の味は同じなので、レポート的には問題ないでしょう。

と、言う訳でココはひとまず『カツカレー』1択です。ちなみに極一部の読者の方達は

「そこはカツカレー大盛りだろ!」

と思われるでしょうが、正直キツいので今回はノーマルで行かせて頂きます。

いや、冗談抜きで『レストランばーく』の大盛りはキツいですからね。

ちなみに『カツカレー』は人気のあるメニューなので、何人かは『カツカレー中盛り』をオーダーしていましたが、流石に大盛りの人は居ませんでした。

『カツカレー』が普通に大盛りだった件の是非

bark-katu3
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy