ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガード下の名店でカツカレーを食す! @横浜市鶴見『レストランばーく』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

berk-katu1
いよいよ梅雨本番と言った感じで、不快指数もMAXな今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょう?

と、言う訳で食欲の落ちる、暑い時期には「カレーライス」がオススメで御座います。

カレーに入っている各種のスパイスには、食欲を増進させたり体調を整える効果があるモノが多く、これからの暑い季節には最適な食べ物と言えるでしょう。

と、言う訳でなんとなくカレーな気分の筆者は、横浜の鶴見駅のガード下にある、激シブな『レストランばーく』に行ってみました。

安くてボリューム満点の『レストランばーく』

berk-ham9_R

そのスジでは有名な『レストランバーク』ですが、知らない人の為に軽く説明しますと

「基本、大盛りで応用的にデカ盛りの店」

と思って頂ければ幸いで御座います。むしろ、それ以上でも以下でもありません。

あの『きたなトラン』でも三つ星を獲得するレベルの店でして、その外観は文化遺産レベルの渋さですが、とにかく

「個性的な定食がボリューム満点で安い」

のです。例えばワンプレート系のメニューならば「700円」で、中盛りで「+200円」大盛り「+300円」とリーズナブルなプライスです。

そして「個性的な定食」とは、なんぞや?って話ですが、それは後々、需要があれば紹介していく方向でお願いします。

『レストランバーク』は基本的に相席である

bark-6

とにかく人気のある店なので、基本的には「相席」になる事が多いと思います。

しかし、訪れる人の大半は常連客なので「相席上等!」のつもりで来ているので、さして混乱は見受けられませんでした。

このようなスタンスの店なので、お客さんは筆者も含めて中年のオッサンばかりかと思いきや、実は若い女子にも人気がある模様。

ここら辺は謎ですが、もしかしたら『鶴見大学』とかが近いからかも知れません。

ちなみに今回は、奇跡的に店内の写真をじっくり撮る事が出来ましたが、基本的には満席になる店なので要注意です。

「11時チョイ前に着いたら営業していた」

このような奇跡も起こり得るので、ブロガーの方達など店内の写真を欲する人達は、開店15分くらい前に訪れてみると幸せになれるかもしれません。

『カツカレー』(700円)を食す!

bark-katu5

基本、揚げ物大好きなのでカレーは「カツカレーこそ至高!」と思う筆者で御座います。

本来はベーシックスタンダードな『レストランばーく』の『カレーライス』を紹介するべきですが、そこは個人的な理由で却下です。

まあ、カレーもカツカレーも「ルー」の味は同じなので、レポート的には問題ないでしょう。

と、言う訳でココはひとまず『カツカレー』1択です。ちなみに極一部の読者の方達は

「そこはカツカレー大盛りだろ!」

と思われるでしょうが、正直キツいので今回はノーマルで行かせて頂きます。

いや、冗談抜きで『レストランばーく』の大盛りはキツいですからね。

ちなみに『カツカレー』は人気のあるメニューなので、何人かは『カツカレー中盛り』をオーダーしていましたが、流石に大盛りの人は居ませんでした。

『カツカレー』が普通に大盛りだった件の是非

bark-katu3

結果、写真の『カツカレー』で御座います…

まあ、知っててオーダーしたので動揺する事はありませんが、普通でコレですから大盛りとか想像したくないですねw

ちなみに他のテーブルの『カツカレー中盛り』は、コレよりもチョイチョイ盛ってあるくらいでした。

確かにキャベツのボリュームもありますが、やはり全体的に見てカレーとしては十分に「大盛り」の領域かと思われます。

むしろ、女性や食の細い人には、コレ以上は無理な予感ですね。

bark-katu6

「ばーくのメニューは皆様にお腹いっぱいに食べて頂きたく、普通メニューでも量は多めとなっております。」

と言う方針は、創業当時から守られているようで、これなら誰もが満足出来るでしょう。

シナモンが香るスパイスカレー

bark-katu10

そして、意外な事に『レストランばーく』のカレーはシナモンが強めに香るスパイシーなカレーでした。基本的には定食屋さんの場合

「昔懐かしいカレーの味」

みたいなイメージですが、良い意味で期待を裏切られた感じですね。

このカレーなら『カツカレー』が人気なのも頷けます。

突出した辛さでは無いのですが、食べているとジワジワと体温が上がるカレーですね。筆者的にはコチラの方が好みです。

大きな牛バラ肉を肉眼で確認!

bark-katu8

そして、普通は定食屋さんの場合「ポークカレー」がデフォルトですが、何気に『レストランバーク』は「ビーフカレー」でした。

いや、確かに「レストラン」って書いてあるので、定食屋さんじゃないんですけどねw

しかも大きな塊でゴロゴロっと入っているので、かなりの「ビーフ感」があります。

反面、野菜の姿はほぼ見られないので、牛肉の感じからして長時間煮込まれている事が想像出来ます。

いや、これはかなり本格的なカレーなんじゃないでしょうか?

ポークカツもイイ感じである

bark-katu5

そして『カツカレー』なので、やはりカツの方も注目です。

若干、豚肉を叩いて伸ばしているので、やや厚みに欠ける印象はありますが、これはこれで良いですね。

いわゆる「とんかつ」ではなく「カツレツ的なモノ」と捉えれば、この厚さが正解です。

bark-katu2

衣は筆者が以前食べた『ハムカツ定食』のハムカツと同じで、薄めの衣に細かいパン粉がまぶされ、サクっと良く揚げられています。

希に目先のボリュームに走った挙げ句、やたら衣ばかりの残念な「カツ」が少なくない昨今、この『レストランばーく』の『カツカレー』は貴重です。

bark-katu7

見た目よりも味を重視した、正直な『カツカレー』ですね。

こういう「本物の仕事」が感じられる店は、もっと世間に評価されるべきだと思います。

山盛りキャベツも定番です

bark-katu4

『レストランばーく』はキャベツもモリモリで御座います。

筆者はカツカレーに「キャベツはあった方が良い派」なので、この山盛りキャベツは嬉しいですね。

『カツカレー』 総評

bark-1

基本的に定食屋さんや洋食屋さんで、カレーを食べまくる筆者ですが、この『レストランバーク』の『カツカレー』にはハマりました。

まず、カレーライスとして美味しいです。

『レストランばーく』はデカ盛りがクローズアップされがちですが、実は「御飯」と言うか米が美味しいんですよね。

この美味しい御飯に本格的なカレーを合わせ、さらに「ポークカツ」を乗せるのですから、不味い訳がありません。

この『カツカレー』が700円で食べられるのですから、そりゃ店も混む訳ですよって話です。

それでは、みなさんも『レストランばーく』に訪れてみて下さい。きっと『レストランばーく』のカレーにハマると思いますよ。

レストランばーく

住所:神奈川県横浜市 鶴見区豊岡町1-17

営業時間:月~金 11:00~14:00 17:00~19:45
(土曜日は昼の部のみの営業)

定休日:日曜祝日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。