ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

これ試してみたい!スウェーデンの空港で、世界各地の渡航先の気候を疑似体験できる!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ClimatePortal

特に海外旅行に行くときなど、出発地と目的地の気候のギャップに驚いた経験はないだろうか。意外と楽観視できない、気候の差。

・Arlanda空港で渡航先の気候を疑似体験

そんな思いをしないで済むよう、スウェーデンのストックホルムにあるArlanda空港では、ユニークな試みをおこなっているようだ。

スウェーデンの3つの商業空港の管理を請け負っている広告会社“Akestam Holst for Swedavia”が制作した「Climate Portal」という装置で、世界各地の気候を、渡航前にあらかじめ体験できてしまうというもの。

・エアコン、ヒーター、送風機能を駆使

「Climate Portal」は3つの部屋にわかれていて、それぞれ別の気候を体験できる。この装置には、ヒーター、エアコン、送風、霧噴出などの機能を搭載。オンラインで接続されており、世界各地の天気予報データを集約する。

ClimatePortal2

その集めたデータをもとに、オーディオビジュアルやエアコンなどの機能を用いて、“擬似的な気候”を再現し、ユーザーの視覚、聴覚、触覚の身体感覚に働きかける。

おかげでユーザーは、その土地の気候を疑似体験することができるというわけ。

・空港の商業施設にもメリット

渡航する前に現地の気候を体感することで、寒冷地なら羽織物や防寒具を、暑い地方ならサングラスや帽子などの暑さ対策グッズを、空港でそろえてから出発できる。客の購買を促進することは、周囲の商業施設にとってもメリットになるだろう。

ユニークな発想で、リアリティあふれる気候の疑似体験ができる「Climate Portal」。Arlanda空港のターミナル5、 F26ゲート付近に設置されており、8月いっぱいまで体験できるという。

Climate Portal

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。