体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【地元民に愛される絶品グルメ】知られざる激ウマご当地ラーメン、平塚タンメンを堪能しよう!平塚の「花水ラオシャン本店」

【地元民に愛される絶品グルメ】知られざる激ウマご当地ラーメン、平塚タンメンを堪能しよう!平塚の「花水ラオシャン本店」

日本各地にはそれぞれの街や地域の方々がこよなく愛し、磨き上げられてきた絶品グルメが必ず1つや2つ存在する。

しかしその絶品グルメは、ほとんどの場合地元の人にとっては「常識」や「当たり前」のため、その街や地域以外の人にはなかなか知られることがないのが、現状である。

今回ご紹介するのは、神奈川県平塚市にある平塚タンメンの名店「花水ラオシャン本店」。

タンメンといえば、一般的には野菜がたっぷりのった塩味のスッキリとしたラーメンを想像してしまう。しかし平塚ではその一般的な概念とはまったく異なる「タンメン」文化が息づいているのだ。

もちろん平塚タンメンというだけあって、このタンメンは平塚でしか食べる事ができない。さらに今回ご紹介する花水ラオシャンのタンメンはこちらのお店だけでしか味わう事ができない。

・駅からは1.5kmほど
花水ラオシャン本店は、平塚の人に愛されているため、平塚以外に住む人はすこし行きづらい場所にあるかもしれない。駅からは1.5kmほど離れており、平塚駅からちょっと食べに行く、ということはなかなかできない場所にある。しかしながら知らない街を散策しながらお店へ向かうというのも、ちょっとした旅の醍醐味の1つであろう。

【地元民に愛される絶品グルメ】知られざる激ウマご当地ラーメン、平塚タンメンを堪能しよう!平塚の「花水ラオシャン本店」

・創業は七夕祭りがはじまったのと同じ頃
今年で65回を数えるほど歴史のある平塚七夕まつりをご存知の方もいらっしゃるかもしれない。平塚市にはかつて海軍火薬廠があったため、1945年7月の空襲で焼野原となり、終戦後にその空襲の復興を期して1950年7月に復興まつりが開催された。その復興まつりをベースに1951年7月にはじまったのが七夕祭りだ。このお店の創業はいまから約60年ほど前。そのため、平塚の歴史とともに歩んできた、といっても過言ではない。こちらのお店には様々なタンメンのメニューがあるのだが、心のおもむくままに好きなメニューを注文してもらいたい。

【地元民に愛される絶品グルメ】知られざる激ウマご当地ラーメン、平塚タンメンを堪能しよう!平塚の「花水ラオシャン本店」

・三代に渡って守られてきた極上の澄んだスープと爽やかな酸味
賛否両論(さんぴりょうろん)あるのかもしれないが、こちらのスープには「リンゴ酢」が入っている。澄んだスープと軽やかな酸味、何杯でも食べたくなるこの味わいは、「花水ラオシャン本店」でしか味わう事ができない。60年、三代に渡って守られてきた歴史を一杯に凝縮したこちらの平塚タンメンは、まさに絶品。食べた事が無い方は後悔してしまうのでは?と思ってしまうほどのウマさなのだ。

【地元民に愛される絶品グルメ】知られざる激ウマご当地ラーメン、平塚タンメンを堪能しよう!平塚の「花水ラオシャン本店」

・並々ならぬ麺へのこだわり
花水ラオシャンの麺はつなぎにかん水、卵を使っていない麺。つまり一般的なラーメンの麺ではなく、花水ラオシャンのためだけの麺。独自の製法で作られる麺は、店の奥で毎日製麺されているのだ。白っぽい細麺は、かん水を使っていないとは思えないほど、十分なコシを蓄えながらも、滑らかで素晴らしい喉越し。こちらのこだわりの麺に三代に渡って守られてきた極上の澄んだスープと爽やかな酸味が合わさると……想像を超える最高の「平塚タンメン」が待っている。

【地元民に愛される絶品グルメ】知られざる激ウマご当地ラーメン、平塚タンメンを堪能しよう!平塚の「花水ラオシャン本店」

・ラー油をかけてさらに美味しさ倍増
さらにこちらのタンメン、しばらく食べ進めた後には、オリジナルの自家製ラー油をかけて食べるのが平塚タンメンの王道。見た目にも美しいその平塚タンメンに自家製ラー油をかけると、ぱっと赤い花が散るようにラー油が広がっていき、味わいもより引き締まる。

【地元民に愛される絶品グルメ】知られざる激ウマご当地ラーメン、平塚タンメンを堪能しよう!平塚の「花水ラオシャン本店」
1 2次のページ
GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy