体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当に汚れが落ちるの?手のひらサイズのハンディ洗濯機「COTON」を実際に使ってみた!

01_IMGP3604

衣類を洗濯するときは今やほとんどの人が自宅やコインランドリーで洗濯機を使用していることでしょう。
そんな中、ハイアールアジア株式会社からCOTON(コトン)という手のひらサイズの「ハンディ洗濯機」が発売されました!

でも、コンパクトな洗濯機かぁ……。
確かに洗濯機は大きくて場所をとってしまうけど、小さいとたくさんのものを同時に洗うなんてできないはず。
洗濯機を持ち運びできたとして、使い道なんてあるかなぁ……。

00_IMGP2945

ありました。使い道。
草野球をやっていると毎回ユニフォームがドロだらけになってしまい、それは普通に洗濯してもなかなか落ちないため、家族や母親に「またドロだらけにして……」と冷たい視線を受けてしまうのですよね。
野球にかぎらず、サッカーとか屋外のスポーツをやっている方なら経験があるのではないでしょうか。

このハンディ洗濯機を使い、帰宅前にドロ汚れを落として帰れば、洗濯をお願いしてもうしろめたさを感じることはなくなるはず!
早速このハンディ洗濯機「COTON」を試してみましょう。

ユニフォームのドロ落としに挑戦!

02_IMGP3601

パッケージを開封してみると、本体とスポンジ状の小さいマットが封入されていました。

03_IMGP3602

本体は本当に手のひらサイズ!
ロング缶の飲み物とか、整髪料などのスプレー缶のような大きさで、誰もがこれを見て洗濯機だとは思わないでしょう。

04_IMGP3481

まず下準備として、本体内部のボトルに水を注入します。

05_IMGP3483

他には洗濯用洗剤とキッチンペーパーと綿棒を用意する必要があります。
そして綿棒を使って洗剤を汚れた箇所に塗っていきます。

06_IMGP3488

冒頭の写真よりドロが少なくなっているのは大人の事情です。
グラウンドに洗剤と電池を持って行くのを忘れてしまってその場で検証できず、ユニフォームを故意に汚しなおして検証を行いました。
持ち運ぶ際は洗剤などの道具一式を忘れやすいので注意が必要ですね!(無理やり)

07_IMGP3492

洗剤を塗り終わったら、キッチンペーパーを四つ折りにし、付属のマットの上に置きます。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。