ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎日のランニングを寄付金に変えるアプリ「Charity Miles」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ランニングをすることで、自分の支持するチャリティー団体に寄付金を送ることができるアプリがあるのをご存知だろうか?

アメリカのWomen’s Running Magazineで 最優秀アプリにも選ばれた、「Charity Miles」だ。

・ランニングで1マイル25セントを寄付

使い方は簡単。まずFacebookと接続するか、アカウントを新規設定。次にリストの中にあるチャリーティー団体の中から応援したい団体を選び、アクティビティーを選択する。

GPSをトラッキングして距離を測る基本機能がついたアウトドアのランニング&ウォーキングのほか、ジムの運動でもランニング&ウォーキングをしてもチャリティー団体に寄付できる。

自転車は1マイルにつき10セント、ランニングとウォーキングは1マイル25セントまで寄付できる計算。

・世界的チャリーティー団体へスポンサーから寄付金

寄付金はユーザーの財布から出るわけではなく、ランニングの画面に出てくる広告主である、このアプリのスポンサー会社から送られる仕組みだ。

今のところ日本のチャリティー団体は登録されていないが、”WWF(世界自然保護基金)”やエイズ撲滅を目指す”(RED)”など、世界的なチャリティー団体が名を連ねている。

なにより、「Charity Miles」は、スマホからチャリーティー活動できる手軽さが支持されている理由だろう。日々の運動で心も体も軽くなるような、ランニングアプリだ。

http://www.charitymiles.org/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP