体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR]クラフトビールと音楽の意外な関係 たとえるなら『グランドキリン』はこの音楽だ

[PR]クラフトビールと音楽の意外な関係 たとえるなら『グランドキリン』はこの音楽だ

昨年来のクラフトビールブームが続く中、個性豊かな製品を提案し続けている『グランドキリン』。現在はコンビニ限定販売中の『グランドキリン』、『グランドキリン ジ・アロマ』、セブン-イレブン限定で販売中の『グランドキリン ビタースウィート』の全3種類をラインアップし、それぞれに個性ある味わいを自分の嗜好や気分に応じて楽しむことができます。

このように好きな物を探して、選んで楽しむという行為、音楽を楽しむ行為と似ていると思いませんか? 自分の好きなジャンル、アーティストに出会うと、それを掘り下げてより深く楽しむことができる。そんなクラフトビールと音楽の関係について、ハイレゾの高音質音楽配信サービスを手がける『OTOTOY』の編集者である河村祐介さんに取材。3種類の『グランドキリン』を味わってもらい、それぞれをたとえると、どんな音楽にあてはめられるのか考察してもらいました。

『グランドキリン』を音楽にたとえる

――今回は『グランドキリン』を音楽にたとえてもらおう、ということで飲みながらお話を伺っていこうかと思います。

grandkirin_music2

河村:まず『グランドキリン』のコンセプトが、ハイレゾの音源を配信している『OTOTOY』にぴったりだと思うんですよね。ハイレゾで音楽を聴くというのは、天井知らずのこれまでのハイエンドのオーディオと比べて、そこまで高い機材をそろえなくても、音源も含め少しの投資で音が良くなる。『グランドキリン』も、いつものビールよりちょっといいビールが、コンビニで身近に買えるという部分で近いかなと。

――『グランドキリン』とハイレゾに、まず共通項があるんですね。ビールの味を、どのように音楽と結び付けて考えていきましょうか?

河村:なんとなく妄想半分なんですが、「甘さ」と「苦み」は“リズム感”。「香り」は“歌”とか“メロディ”、音の抜けのよさとか。「コク」はベースラインだと思うんですよ。

――なるほど。ではその評価軸で飲み比べていきましょうか。

grandkirin_music3b

1本目:『グランドキリン』

grandkirin_music4

重厚感のある飲みごたえで1本でも満足できるビールとして開発され、シリーズ共通で使われているキリン独自の“「ディップホップ」製法”で作られた『グランドキリン』。“「ディップホップ」製法”は、ひと手間かけたホップを通常の使用に加え発酵中にも漬け込んで、複雑な香味を引き出す製法のこと。まずは、そんな『グランドキリン』から味わっていきます。

河村:どっしり重いですね。歯切れがいいんだけど、重めのタイトなベースラインがあって、少しスパイシーなので刺激もちゃんとある。となると、グルーヴ感っていうところでブラックミュージック的なものになるのかなと。では聴いてみましょうか。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。