体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】 国家戦略特区シンポジウム(6月26日) その1 地方行政・地方議会関係者必見 「地方が本気になって提案してきてほしい」

2015年6月26日、内閣府の主催で、「国家戦略特区シンポジウム」が開催されました。

<内閣府ホームページより>
【趣旨】
~国家戦略特別区域法が施行されてから、1年あまりが経過しました~
アベノミクス第3の矢である「国家戦略特区」。法施行から1年経過したことを受け、この度、国家戦略特区の成果を発表するシンポジウムを開催いたします。
シンポジウムでは、各指定区域の首長達が自ら成果のレビューを行い、現状での課題、問題点を踏まえながら国家戦略特区のこれからを考えます。

当日プログラムは下記参照のほど
国家戦略特区シンポジウム 内閣府地方創生推進室ページ

当日は虎の門ヒルズの400人規模の会場の席がほぼ埋まったほか、ニコニコ動画の生放送は2万人以上が視聴し、国家戦略特区への注目度の高さが改めて示されました。

特区とは、地方から国を突き動かそうという仕組みです。これまでも、特区の制度を使って、地方発でさまざまな新たなチャレンジがなされてきました。
昨年からスタートした国家戦略特区は、現時点では6か所ですが、さらに追加が予定されています。その意味で、国家戦略特区は、現時点で特区になっていない全国のほとんどの自治体にとって、決して他人事ではありません。

このシンポジウムでは、全国の自治体職員、地方議員、地方行政に関心のある方々にとって必見といってよい情報や視点が、少なからず提示されました。
今回から数回にわけて、シンポジウムのポイントをお伝えしていきます。
まず今回は、冒頭の石破茂大臣の開会あいさつと、締めくくりの小泉進次郎政務官と竹中平蔵氏(国家戦略特区諮問会議有識者議員)の発言からお伝えします。
最初の石破大臣のあいさつでは、そもそも国家戦略特区とは何なのかがわかりやすく示されます。

戦略特区担当大臣の石破です。本日のテーマは国家戦略特区です。いままでも特区はいろいろとありました。今回の国家戦略特区はいままでと何が違って何をやろうとしているのか、どうすればいいのかがどうもよくわからない、というのが国会の議論でもよく出ております。

国家戦略特区とはどのようなものなのか、これをつかってこれからの日本はどうなるのか、いろんな自治体はこれから先どう対応してゆけばよいのか、というのをわかりやすく説明をしたいということで大勢の方にご助力をいただきこの会を開催する運びとなりました。

この国家戦略特区というすごい名前がついているというのは難の所以なのかということです。

まず第一に強力に規制改革を進めるための二つの仕組みが備わっています。 いままでいろいろなことをやりたいといっても中央官庁は「それはいままでの考え方に合いません、規制に合いません、ダメでございます。」ということでいろいろなアイデアが陽の目を見ないまま終わってきたということは事実です。入り口の段階でダメですといわれなんだかつまらないなあといったことでした。今回は私が担当大臣です。この後お話をします副大臣の平さん、政務官の小泉さん、補佐官の伊藤さん、政務を預かる者が自ら現場に出向いてお話を聞く、という仕組みを作っております。区域会議はこのようなものです。私どもが現場に出向きいろんな議論をする仕組みになっております。この区域会議のメンバーは担当大臣の私、関係自治体の市長さん、知事さん、首長さん、それと民間代表者、この三者をもって区域会議が構成されております。そもそも役所のやる会議というのは決まったシナリオを 読んで「はい時間です、おしまい」というのが多いのでありますがこの区域会議は実際に濃密なディスカッションが行われ高い頻度で開催をして大胆な規制改革を実行する、と言った計画が今まで多く決定をされたところです。

第二の特徴は内閣総理大臣のリーダーシップで規制改革を実現するという仕組みを伴っています。すなわち内閣総理大臣安倍晋三さんが議長で私を含めた関係閣僚、そして本日もお越しいただいている民間有識者の皆様。合計11名をメンバーとするとっく諮問会議を作りまして規制担当大臣をよんでオープンな場で規制改革の是非を議論した上で最後に内閣総理大臣がそれを決断する、という仕組みをとっております。したがっていままでのように入り口でハネるというようなことはいたしません。それができないならなぜ出来ないのかという説明責任はそれぞれの大臣が負っています。そして改革をしようということになれば内閣総理大臣の責任でそれを決定するということでいままでとは全く違う仕組みです。もう7月になりますが今年度末までを集中取組期間としましてすべての岩盤規制分野に突破口を開くというお話になっております。どうして私が担当大臣をやっているかというと岩盤を突破するということと石破とは字が似ているではないか、といわれ本当かどうかはわかりませんがそういった仕組みになっております。

1 2 3次のページ
地方議会ニュースの記事一覧をみる

記者:

地方議会のニュースをわかりやすく、おもしろく伝えます

ウェブサイト: http://gikainews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。