ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z3+には飛散防止フィルムが貼ってある、しかも容易に剥がせる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile は 2013 年の Xperia Z1 あたりから本体部品の一部となる「飛散防止フィルム」を貼るのをやめていましたが、Xperia Z3+ に貼ってあることが判明しました。Xperia Z3+ を開封すると、梱包用のフィルムが貼られているのですが、さらに、もう一枚フィルムが貼られており、それが昔の機種のほとんどに貼られていた飛散防止フィルムだったのです。手元にある Xperia Z3+ を確認したところ、やはりそれらしきフィルムが貼られていました。しかも、昔よりも剥がしやすくなっています。それは、爪の先をフィルムと本体の間に突っ込んでゴニョゴニョするだけで剥がせてしまうほとです。おそらく、専用ツールは不要でしょう。剥がした後の Xperia Z3+ です。SONY ロゴは本体側にプリントされているので、飛散防止フィルムを剥がしても消えませんでした。


(juggly.cn)記事関連リンク
SanDiskの200GB Micro SDカードが米国で発売、価格は約3万円
Android向けセキュリティアプリ「360 Security」の日本語版紹介動画が公開
GoogleドライブのAndroidアプリがv2.2.23にアップデート、複数ファイルの同時ダウンロードや送信が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP