ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀座の立ち食いそば屋で女将さん特製「ステーキそば」を堪能する / 陶そば

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ステーキそば
1500円

立ち食いそば屋は「サッ」と入って、「ズズッ」とすすって、「スッ」と出て行くのが礼儀。そんなこだわりを持った人もいるようだが、さすがに1500円のステーキそばで、その三拍子ができる人は少ないだろう。

・感動ともいえる肉汁
かけそばに、肉汁が溢れ出るほどのジューシィーな高級牛ヒレ肉が乗っているステーキそば。ひとくち食べるたびに感動ともいえる肉汁が広がり、そのソフトな食感に魅了される。贅沢な牛肉がごろごろと7~8切れも入っているのだから、少なくとも数十分はじっくり堪能したい。

・立ち食いそば屋があるとは気がつくまい
そんなステーキそばが食べられるのは、東京都銀座の路地にある『陶そば』。JR有楽町駅から徒歩3分ほどの場所にあり、飲食店街の路地の奥に店舗がある。

「そば」と書かれた赤提灯がなければ、誰もそこに立ち食いそば屋があるとは気がつくまい。

・確かにここはそば屋だ
店内に入ると、バーのような雰囲気が広がっており、立ち食いそば屋とは思えぬムードに驚く。椅子もあるが寄せてあり、立ち食いスタイルで食べる流れになっている。

しかし壁のお品書きを見れば、そこにはそば屋のメニューが書かれていた。確かにここはそば屋だ。

・ひとつひとつ女将さんが鍋でゆでる
女将さんがひとりで切り盛りしており、そばは注文を受けてから丁寧に茹でる。

本格的な調理器具があるわけではなく、ひとつひとつ女将さんが鍋でゆでる。よって、一度に作れる量が決まっているため、大勢の客が来た場合は順番にゆっくり出す。

・より美味しいヒレ肉を使用
ステーキそばの写真が貼られていたのだが、かけそばにアメリカンステーキが盛られているものだった。

しかし改良に改良を重ね、現在は、より美味しいヒレ肉を使用しているという。

・和食に使われるような威厳
もちろん、注文を受けてからステーキを焼く。食べる前から肉が焼ける香ばしい匂いが漂い、食欲がどんどん増幅されていくのがわかる。女将さんから手渡しで渡されたステーキそば。器が和食に使われるような威厳を感じるものだった。

・ジュワッとあふれ出すエキス
ずっしりと重い器をテーブルに置くと、ぶわっと広がる湯気とともにダシと牛肉の香ばしさが広がる。たまらない!! そばよりも牛肉を先に食べたのだが、その絶妙な柔らかさに驚いた。ジュワッとあふれ出すエキスの美味いこと美味いこと。

・極めて計算された絶品そば
柔らかさも絶妙で、柔らかすぎず、その食感を楽しめるよう「ある程度の弾力」を残すように焼かれている。続けてそばをすすったのだが、ここまで牛肉とそばがマッチするとは思わなかった。牛肉のエキスがそばの風味とダシの塩分と混ざり合い、「旨味」に変化。極めて計算された絶品そばに仕上がっている。

いやはや、銀座の路地に、ここまで客をうならせるそば屋があるとは思わなかった。銀座に立ち寄ったら必ず堪能すべき一杯である。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/06/25/suesoba/

陶そば
住所: 東京都中央区銀座6-3-6
時間: 12:00~24:00(休憩時間ランダム)
休日: 土日

東京都中央区銀座6-3-6Google Mapで開く

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP