ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホの写真やムービーをその場で高速転送できるアプリ「Shoot」が便利そう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

友達グループと一緒にスマートフォンで写真やムービーを多数撮り、「すぐ送るね!」とその場でシェア。よくある光景だ。

この複数の端末によるファイル同時シェアをスムーズにするモバイルアプリが登場した。P2Pファイル共有サービス「BitTorrent」がリリースした「Shoot」だ。

・ファイル容量制限なし

Shootの特徴はまず、転送したい写真やムービーを選んで一気に複数端末に送信できること。

使い方としては、アプリを立ち上げ選択したい写真やムービーを選び、送信ボタンを押す。すると、QRコードが表示される。受信したい人はアプリの受信ボタンを押して起動するカメラでそのQRコードをとらえれば、転送が始まるという仕組みだ。

このQRコードをその場にいる人がそれぞれの端末でサクッととらえれば同時に転送できる。

しかもファイル容量には制限がなく、クラウドを介さないのでプライバシーも確保できるというメリットがある。

・モバイル機種を選ばず

また、iOS、Android、Windowsそれぞれにアプリがあるので、機種を選ばずに利用できるのもうれしい。

BitTorrentからは他にも「BitTorrent Sync」というファイル共有サービスが展開されているが、こちらではモバイルだけでなくPCにも対応し、写真やムービーの他にも書類なども共有可能となっている。

Syncはどちらかというと仕事でチーム作業をするときなどに活躍し、今回のShootは写真とムービーのシェアに特化した個人向けのサービス。写真やムービーをよく撮って誰かとシェアすることが多いという人にはオススメだ。

なお、受信と、送信3回までは無料。有料版(1.99ドル)では送信サービスを無制限に利用できる。

Shoot

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP