体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【編集部映画クロスレビュー】これは“共有すべき”映画体験!『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

マッドマックス

いよいよ6月20日より公開となる映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。

「ガジェット通信」では特集ページで色々な記事をご紹介してきましたが、編集部は毎日『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の話で大盛り上がりなのだ! 往年の“ドリフ放送翌日”とか“ジャンプ発売後”みたいに、「観た!? あれ最高だよな! あのシーンさあ」といった感じで、皆でキャッキャしているのだ。

そんな、一足お先に映画を観て興奮中のガジェット通信編集部によるクロスレビューをご紹介。

映画クロスレビュー『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

【ストーリー】
石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックス(トム・ハーディ)は、愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、ジョーに囚われた女たち“ワイブズ”を率いて反逆を企てるフュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、自由への逃走を開始する。凄まじい追跡、炸裂するバトル……。絶体絶命のピンチを迎えた時、マックスと仲間たちの決死の反撃が始まる!

監督:ジョージ・ミラー
脚本:ジョージ・ミラー 、 ブレンダン・マッカーシー 、 ニック・ラソウリス

マックス・ロカタンスキー:トム・ハーディ
インペラトル・フリオサ:シャーリーズ・セロン
ニュークス:ニコラス・ホルト

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』特集ページ
http://getnews.jp/madmaxfuryroad

「こんなのに追っかけられるなんてマジ悪夢」/ふかみん(深水英一郎)

疾走しながらこんなに人と人とが関わりあえるんだなということにまず驚きです。基本的にずっと車で走って追っかけ合ってるんですが、その風景やカスタマイズカーの造形が素晴らしく、それがぶつかったり抜きつ抜かれつするさまをうっとり観ているだけでも楽しいんです。

一番わけわからんのは、前面にスピーカーやホーンがずらっと並んでて、ギタリストがバンジージャンプのヒモみたいなのでぶら下げられてビヨンビヨンして、さらに車の背後にはドラム隊みたいな人たちが太鼓叩いているという車。しかもギタリストのエレキギターの先っちょからは火が吹いてる。もはや悪い夢ですよこれは。正式名称はドラム・ワゴンというらしいですが。こんなんに追っかけられたらほんとにたまらんでしょう。明らかにおかしいのですが、マッドマックスの世界の中ではかっこよく見えるのだから不思議です。

いろんな見方ができて楽しい映画だと思うのですが、1回は劇場で見て迫り来る爆走車両を大スクリーンで見て欲しいと思います。荒野でこれに追っかけられたら、普通絶望すると思うのだけど、頑張り続けるマックスたちはほんと凄いと思います。

【プロフィール】ふかみん(深水英一郎)
ガジェット通信発行人。焚き火でマシュマロ焼くのが好き。

「過去シリーズを観ていない人でも心配ナッシング!(でも事前予習すればベスト!)」/よしだたつき

1時間30分くらいかけて出掛けていき、残りの30分くらいで戻って来るお話です。なのに、どうしてこんなに面白いんだ! 『マッドマックス2』のクライマックス大激走シーンが約2時間に拡大され、さらにマシンも、アクションも、ラスボスも、狂気も、バカっぷりもパワーアップしちゃったんだから、もう望むことなんてノーモア(展開が早すぎて目が追い付かない場面はあったけど)。

ストーリー? そんなもん知らねぇよ。主人公マックスの過去? そんなもん興味ねぇよ。セリフ? そんなもん必要ねぇよ! ってことで、過去シリーズを観ていない人でも心配ナッシング! とは言え、ババアがショットガンをぶっ放したり、改造車に磔にされたり、確かに過去作へのオマージュも楽しかったりするジョージ・ミラー監督のニクい演出。ありがとう、ジョージ!

とにかく前を向いて走り続けるヤツら、それを追いかけるヤツらの物語を、ジョージが最高にクールな映像に仕上げてくれたのです。しかし! それを見守る俺らがいなければ、今年最強のエンターテインメントは完結しない! 大好きなヒーローがアッセンブルする映画も楽しみだけど、宇宙大戦争の行方も気になるけど、『マッドマックス』を観ずして今年の映画を語ろうなんて絶対にムリだからなッ! そして声を合わせて劇場で叫ぼうぜ。
「なんてラブリーな日だ!」

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy