体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手軽に燻製! 注目のグルメ漫画『いぶり暮らし』大島千春先生インタビュー

ガジェット通信様へ

スモークされた大人の味わいが楽しめる燻製。馴染みのある食材も、新たな味を再発見させてくれる燻製ですが、自宅で手軽にできるって知っていましたか? 最近、自宅で燻製を作れるアイテムが注目され、じわじわと燻製ブームが起きています。

そんな中、自家製燻製にますます興味を持たせてくれる燻製漫画『いぶり暮らし』が『WEBコミックぜにょん』にて連載中!

※すべての画像入りの記事はガジェット通信でご覧ください
http://getnews.jp/archives/1008177[リンク]

カバー差し替え

『いぶり暮らし』は同棲中のカップル、頼子(よりこ)と巡(めぐる)が、週に一度のお休みが被る日曜日に、燻製を作ってまったりとその時間と味わいを楽しむ日常を描いた作品。

0058

読んでいると「燻製って自分で作れるんだ!」「待ってるだけでいいのに、すっごく美味しそう!」と、よだれモノ。また、いぶした食材をシンプルにそのまま食べるだけでなく、料理上手の頼子がさまざまな料理へと発展させていくのも魅力です。

今回は珍しい燻製漫画を描いている作者・大島千春先生にインタビューしました! ※写真は大島先生が作った自家製燻製料理!

――燻製漫画を描こうと思ったきっかけを教えて下さい。

大島:編集部の担当さんから企画を持ちかけられてです。2人で燻製をして、待っている時間の会話とか、出来上がった燻製の味や感想を1話完結で描いてみないかというお話をいただいたのがきっかけです。もともと自分が燻製が好きで、とかではなかったんです(笑)。

でも描き始めてからは、美味しかったり簡単だったりと、自分でも好きになったので、「燻製が手軽だっていうことを広めたいな」と思って描いています。

DSCF0879

――もともとご自身で燻製作りをやっていなかった状態で、燻製漫画への挑戦は、少しハードルが高くはなかったですか?

大島:高いと思いましたよ! でも、描けるかなぁ、と不安に思っていたとき、ある卵の燻製と出会って、それがすごく美味しかったんです。「これならイケる」と思って、そこからはいろいろ描くことができました。

DSCF0524

――読者さんに試してもらいたい、お気に入り、またはオススメの燻製はありますか?

大島:初めてだと、一番簡単なのはソーセージです。そして私が気に入っているのは、“ひき肉の燻製”ですね。カレーとかミートソースに加えて、燻製料理にすることができます。
※第1巻でひき肉燻製カレーの話が出てきます。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会