ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超特急、マーティー・フリードマン迎えた新曲が7月ドラマ主題歌に&6/17公演レポートも掲載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スターダストが送り出すメインダンサー&バックボーカルグループ、超特急が、あのマーティー・フリードマンを迎えた新曲(タイトル未定)を発表することが明らかになった。

 新曲はフジテレビの7月期ドラマ『探偵の探偵』の主題歌として起用されることも決定。フリードマンは、世界的メタル・バンド=メガデスの元ギタリストとしても有名で、超特急の事務所の姉貴分にあたるももいろクローバーZの『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』にも参加し話題となった。

 なお、超特急は6月17日、結成3周年を記念するスペシャルライブを決行。その様子を伝えるイベント・レポートも掲載する。

<イベント・レポート:【HMV25周年×超特急3周年記念スペシャルライブ<超特急×TRF> アツイ夜だから…】>

 メインダンサー&バックボーカルグループ、超特急が、6月17日(水)に、東京・Zepp Tokyoにて、TRFとの2マンライブ【HMV25周年×超特急3周年記念スペシャルライブ<超特急×TRF> アツイ夜だから…】を開催し2500人の観客を魅了した。

 超特急は、6月10日に、プロデューサー小室哲哉・前山田健一をむかえた両A面ニューシングル「スターダスト LOVE TRAIN / バッタマン」をリリースしたばかり。
 TRFは、小室哲哉のプロデュースでデビューし、90年代から活動を続ける、歌とダンスで魅せるグループの先駆者。言わば、超特急の大先輩にあたるTRFとの今回の対バンは、さらに上を目指すに超特急とって得るものが大きいライブだ。そして、TRFのファンに、超特急のパワーを知ってもらえる場でもある。

 先発の超特急は、「Superstar」、新曲の「バッタマン」からスタートダッシュをきめ、8号車(超特急のファン)ととにアツく盛りあがる。和メロのダンスチューン「ikki!!!!!i!!」では扇子を使ってパフォーマンス。ポップで勢いのある「Burn!」や、爆発力抜群の「Believe×Believe」も披露。さらにはコーイチとタカシの歌心が冴え渡るバラード「Keyword」が歌唱された。ラストは、メロディアスでいてダンサブルな小室提供の新曲「スターダストLOVE TRAIN」をダイナミックに披露した。超特急が3年間培ってきた、様々な姿を見せるステージとなった。

 続いてのTRFは、妖艶さ溢れる「masquerade」から、「寒い夜だから」「Overnights Sensation」と、誰もが知っている楽曲で会場の熱量をグングン上げる。「BOY MEETS GIRL」から、「CRAZY GONNA CRAZY」「EZ DO DANCE」のメドレーで、フロアは大ヒートアップのピークタイム状態。貫禄たっぷり、圧巻のパフォーマンスは、さすがTRFと言ったところ。
 そして、最後の最後には、超特急とTRFがこの日限りのコラボで、「survival dAnce」を披露。2組の歌とダンスのスペシャルな共演に、会場の熱狂度はマックスとなった。
 コーイチは、「8号車とTRFさんのおかげで、ほんとにアツイ夜になりました。3周年の記念であり、まだまだ突っ走っていこうと思えるライブでした!!」と語り、大きな拍手に包まれて、ライブはフィニッシュとなった。

 TRFとのライブで、魅せる奥義を学んだ超特急。彼らは、7月から放送されるフジテレビ 7月期 木曜劇場『探偵の探偵』(主演:北川景子)の主題歌を担当することが決定している。年末、12月23日・24日に代々木第一体育館で開催される2デイズ単独ライブ(約2万5000人動員予定)に向けて、超特急の勢いはさらに加速していくこと確実だ。

レポート:土屋恵介
写真:米山三郎(SignaL)、冨田 望

***

◎公演情報
【HMV25周年×超特急3周年記念スペシャルライブ<超特急×TRF> アツイ夜だから…】
2015年6月17日 東京・Zepp Tokyo

◎楽曲情報
「(タイトル未定)」
超特急feat.マーティー・フリードマン

関連記事リンク(外部サイト)

超特急、ジャカルタに海外“初開通”で現地ファン2000人を魅了 メンバーコメントも到着
超特急、2トン以上の水を使用した“水も滴るいい男”なMV公開
超特急、最新MV「バッタマン」はカンフー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP