ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福岡土産の定番、あの「二○加せんぺい」が何と「にゃらん」の顔になった!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内旅行情報誌「九州じゃらん」が今年創刊20周年を迎える。これを記念して、福岡県の老舗菓子メーカーである東雲堂と、同誌キャラクターの「にゃらん」がコラボレーションした「にゃらん」二〇加せんぺい発売する。

東雲堂は、「二◯加せんぺい」をはじめ、「にわかもなか」「丸ぼうろ」など、九州の人々をはじめ、観光客の土産としても支持されている。

今回、発売する「にゃらん」二〇加せんぺい(4箱[1箱3枚入]セット540円)は、東雲堂が明治39年の創業以来製造し続けている「二○加せんぺい」を、「にゃらん」モチーフのデザインに仕上げたもの。

黄色い印象的なパッケージの表には「にゃらん」の顔が印刷され、裏面には「九州じゃらん」から20周年を迎えるにあたり、感謝の言葉を記した。

また、「二○加せんぺい」のもう1つの楽しみはお面!今回、表には額に温泉てぬぐいをのせたキュートな「にゃらん」のお面をプリント。裏面には「にゃらん 旅の心得」5カ条を記載た。

7月1日から福岡県内の東雲堂直営店のほか、商品を取り扱っている福岡県内の一部店舗にて、数量限定で販売する。

地元の人にはもちろんのこと、福岡を訪れる人はご当地土産としていかがろうか?注目を集めること間違いなし!詳しくはこちら(http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/travel/news1846_20150616.html)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP