体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の伝統に新たな変化を。最先端のデザインで伝統工芸を繋ぐ「DENTO-HOUSE」

DENTO-HOUSEとは伝統工芸に関心を注いで創作活動をする、日本のトップグラフィックデザイナーたちのグループ。シンプルながらも洗練された、日本古来の技術を守りつつ、従来の日本の伝統工芸品のデザインに新たな変化を加え、これからに伝えていくことを目指しています。こけしや漆器などの身近なアイテムにも、デザイナーの新たな視点が加わることで伝統工芸品の新たな魅力を再発見。

デザイナーは浅葉克己、仲條正義、井上嗣也、服部一成、中村至男。日本を代表する一流のデザイナーと優れた技術を持った職人が、現代と伝統のクール・ジャパンをクロスフェードさせ、伝統工芸のイメージを一新するアートピースを作り出しました。

11143161_1128078287209441_1558414423498641132_o

DENTO-HOUSEは2012年からパリと東京で展覧会を開催。2015年2月にパリのギャラリーで開催した展覧会の凱旋ショップが伊勢丹新宿本店5階ウエストパークにオープンします。

こけしや漆器などの身近なアイテムや、モダンテイストになった浮世絵、桐のチェストまで、パリ店で紹介されたバラエティに富んだ作品の数々に会うことができます。今までに見たことのない伝統工芸品をお楽しみください。

期間中は漆蒔絵を施した硝子のテーブルウェアの先行販売と、猫の足が脚になったテーブル「猫」の受注会が開催されます。

「横縞の桐箪笥」 デザイナー:浅葉克己 伝統工芸の技術:春日部桐箪笥

「横縞の桐箪笥」
デザイナー:浅葉克己 伝統工芸の技術:春日部桐箪笥

「リトルドラゴン」「コロニー」 デザイナー:中村至男 伝統工芸の技術:川連漆器

「リトルドラゴン」「コロニー」
デザイナー:中村至男 伝統工芸の技術:川連漆器

「あたまのうえ レモン/ブルー」 デザイナー:服部一成 伝統工芸の技術:宮城伝統こけし

「あたまのうえ レモン/ブルー」
デザイナー:服部一成 伝統工芸の技術:宮城伝統こけし

「格子写楽」 デザイナー:浅葉克己 伝統工芸の技術:江戸木版画

「格子写楽」
デザイナー:浅葉克己 伝統工芸の技術:江戸木版画

1 2次のページ
Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会