体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメ&実写“Wエレン”の対談が実現! 梶裕貴「迫りくる巨人を見て実写映画ならではの不気味さを感じた」

三浦春馬&梶裕貴

いよいよ公開が迫ってきた実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』前後篇(8月1日、9月19日連続公開)と、劇場版『進撃の巨人 後編~自由の翼~』(6月27日公開)。この2つの「進撃の巨人」公開を記念して、実写映画版&劇場アニメのWキャスト、W監督によるインタビューが解禁。梶裕貴さんと三浦春馬さんが「進撃の巨人」を熱く語る夢の対談が実現しています。

三浦春馬さんが梶さんへ「なぜ声優の道を選んだのですか?」と質問するなど、その内容は声優ファンなら胸アツ。スペシャルインタビューの全貌は、6月23日より発売の講談社18誌で順次掲載となりますが、今回は一部をご紹介しちゃいます。

三浦春馬×梶裕貴「エレン」スペシャル対談

―三浦さんは原作だけでなく、テレビアニメも全話ご覧になっているんですよね。

三浦:演技の参考にと、テレビアニメ版を何回も観ていました。最初は「参考にするシーンだけ……」と思っていても、面白くて観続けちゃうんですよ。

梶:そういっていただけると、出演者として本当に嬉しいです! 僕も実写映画版を観させていただいたんですが、迫りくる巨人の姿を見て、実写映画ならではの不気味さを感じました。撮影は相当大変だったんじゃないですか?

三浦:一番キツかったのは砂ぼこりでしたね。撮影の時は、小さな発砲スチロールや砂を巨大な扇風機のような機械で飛ばしてほこりを表現しているんですが、それが顔にばしばし当たるんです。

―梶さんも劇場アニメの収録では、ご苦労されたのでは?

梶:テレビシリーズの収録で僕が苦労したのは、喉のケアでした。テレビアニメのアフレコは、1話あたり通常3~5時間くらいかかるんですが、エレンは叫んでいるセリフが多いので、声帯への負担も大きく、喉のメンテナンスが大事だと痛感しました。

三浦:梶さんは、なぜ声優の道を進もうと思われたんですか?

梶:小学生の頃は「将来の夢のために頑張る」ことが好きで、3日ごとに夢が変わったりしてました(笑)。その後、「声優という職業は、努力すれば何事も全て自分の力になる」という言葉を知って目指し始めたのがきっかけです。

三浦:「頑張っていることが全部、自分の力になる」というのは素敵ですね。

水原希子×石原由衣「ミカサ」スペシャル対談

水原希&石川由依

―劇場アニメと実写映画版をご覧になった印象はいかがでしたか?

石川:ミカサとか、エレンとか、キャラクターの名前は原作と共通しながらも、実写映画版らしいお話になっていて。テレビアニメにもあったシーンが盛り込まれていたりして、原作やテレビアニメを知っている人も、あらためて楽しめそうだなって思いました。

水原:ありがとうございます。私は撮影前にテレビアニメを観た時は、「これをどうやって映像化するんだろう?」っていう不安がすごくて(笑)。

―実写映画版の撮影時に、石川さんがミカサとして水原さんにエールをお送りになったと聞きました。

水原:観ました!

石川:観てしまいましたか(照)。別の作品で御一緒した方が、実写映画でハンジ役を務められている石原さとみさんとお友達だったんです。それで実写映画版でハンジを演じられているという縁で、「ミカサ役の水原さんにメッセージを」って流れになって……。

―劇場アニメのミカサに対しては、どんな印象を抱かれましたか?

水原:ミカサって口数が多くないですから、ちょっとした一言に表現されるものが多くて、私も演じてて難しさを実感しました。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。