ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「キモくて金のないオッサン」は自己責任? どうしたら「救済」されるのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「キモくて金のないオッサン」は自己責任? どうしたら「救済」されるのか

ツイッターでの投稿をきっかけに、「キモくて金のないオッサン」というフレーズがネットで話題になっている。キャリコネニュースでも、5月31日に「彼ら『弱者男性』に居場所はないのか」と記事として取り上げている。

6月17日にはTOKYO FMの報道番組「TIME LINE」で、「キモくて金のないオッサン」の特集が組まれた。編集者の速水健朗氏と、投資家のやまもといちろう氏が「救済の手立て」について議論を行った。
ネットで目につく厳しい「自己責任論」

「救済」がテーマになっているのは、女性や子どもの貧困が社会問題化される中で、「キモくて金のないオッサン」という中年男性層の困窮がしばしば「自己責任」で片付けられてしまうからだ。前出の記事でも、ニコニコニュースBLOGOSのコメントでは、「オッサン」に対して厳しい意見が多く見られる。

「そこまで困窮する前にどうにか出来んかったのか? せめて幾らかでも貯蓄しとけばよかっただろうに、若い頃は金遣い荒かったんじゃねーの?」

「結果を残せなかったらから40代でクビ、もしくは会社の倒産の原因になったって事。もっとがんばりやー」

「自分の蓄えが無くなったら、基本的には死ぬことを考えるでいいんじゃないの?」

こんなふうに「救われない」のはなぜなのか。番組でやまもと氏は、職がない、身寄りがない、キモい、金がないなど「自己肯定のパーツ」がないオッサンほど弱者になりやすいと指摘する。

「カワイイ動物は、絶滅危惧になったときに支援されやすい。アトラクティブ(魅力的)な社会的属性があればあるほど『あなたは弱者ですね』と認められやすいんです。(キモくて金のないオッサンは)可視化されても救済されない」

速水氏は「カリスマ性のあるオッサン」を待望

確かに支援の対象として「オッサン」は魅力的でないかもしれない。「救わなければ」という気持ちをかきたてる対象でもない。その「どうしようもなさ」の理由を、やまもと氏はこう解説する。

「共感を得るに当たっては、『やむにやまれずそこに至った』という悲壮感がなければいけない。さらに『なぜ救わなければいけないか』という大義名分が必要」

そうした悲壮感が可視化されておらず、もし可視化しても「自己責任」で片付けられるオッサンは救われにくい。そうなると、キモくて金のないオッサンは、残り数十年の人生をどのように歩んでいけばいいのか。

番組では具体的な解決策は提示されなかったが、キーワードとして「組織化」「連帯」といった言葉が出た。現状では、困窮したオッサンたちが組織になっても社会的なムーブメントにはなりにくい。しかしロールモデルとなるような「マネジメント能力の高いオッサン」が出てきたら、変わる可能性がある。

「キモくて金がないけど、カリスマ性のあるオッサンが出てきたら、政治的な運動になるかもしれない」(速水氏)

「それなりの政治勢力になるときには、指導者がいて、束ねる人たちがいて、事務局ができて、ちゃんとお金も回って初めて組織化できる」(やまもと氏)

この特集にツイッターでは「いや…耳が痛い」「基本絶望しているのであとはできるだけ早く死にたい」「全般的に『甘え』の一言で粉砕されるような勢力だからなあ」といった、諦めを含んだ声が多い。

あわせてよみたい:結婚できない男性は「不幸」になる? 日本は独身男性が「生きづらい国」なのか
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。