ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「さらにPCが身近になるデバイスに」 マウスコンピューターがWindows Phone『MADOSMA』の製品説明会を開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


マウスコンピューターは、OSにWindows Phoneを採用したスマートフォン『MADOSMA』を6月18日から出荷開始します。同社はその前日となる6月17日に製品説明会を開催、開発の背景や狙い、今後の製品展開について発表しました。



『MADOSMA』は、OSにWindows Phone 8.1 Updateを採用し、1.2GHzのクアッドコアCPUと5インチのHDディスプレー、800万画素カメラを搭載するスマートフォン。国内で販売される端末ではau向けに富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(当時)が開発し、Windows Phone 7.5を採用していた『IS12T』以来、2機種目となるWindows Phone搭載スマートフォンです。


発表会にはマウスコンピューター代表取締役社長の小松永門氏が登壇。『MADOSMA』の製品名には「窓(Windows)とあなたが、もっとつながる」というコンセプトがあり、人とパソコン(PC)をつなげていく、PCをより身近なものにしていく、という意図があることを明らかにしました。




Windows Phoneの特徴としては、スタート画面やSNSの情報をまとめて表示する“Peopleハブ”のパーソナルなカスタマイズ性や、『Office』『Outlook』などビジネス用途のアプリケーションや企業のIT管理との親和性、あらゆるデバイスで統一された環境を実現するコンセプト“One Windows”を挙げています。


これら特徴を受けて、『MADOSMA』では「One Windowsの実現」「Windows Phoneマーケットの創出」「購入を検討しやすい価格帯」「快適な動作を実現するハードウェア」を目指したとのこと。価格は『Amazon』での販売価格が2万9800円(税込み)と、確かに魅力的な価格帯に設定しています。


本体カラーがパールホワイトのコンシューマー向けモデルのほかに、同スペックで本体カラーがブラックの企業向けモデルもラインアップ。当面は「コンシューマーにまず使ってもらいたい」(小松氏)と、一般向けの販売と普及に力を入れていくようです。


その姿勢が垣間見られるのが、本体カバーのオプション。今後キャラクターイラスト付きのカスタムバックカバーを発売するほか、交換用のバックカバーとして、ブルーとライムのカバーが参考展示されていました。


ユーザーに配慮した付属品にも注目。ディスプレーには保護カバーを貼りつけた状態で出荷するとのこと。ほかに16GBのmicroSDカード、電池パック、microUSBケーブル、クイックスタートガイド兼保証書が付属します。


モバイルネットワークは4G LTEでBand 1(2100MHz)、Band 3(1800MHz)、Band 19(800MHz)、3GではBand 1(2100MHz)、Band 8(900MHz)、Band 19(800MHz、Band 6を含む)に対応。同社は通信キャリアやMVNO事業者が提供するSIMで動作確認を進めており、検証結果はウェブサイトで18日以降、順次公開していくとのこと。

<窓>とあなたが、もっとつながる。 Windows OS搭載スマートフォン「MADOSMA」 | BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューター
http://www.mouse-jp.co.jp/phone/madosma/


説明会では今後の製品計画についても言及されました。2015年後半と言われるモバイル向けOS、Windows 10 mobileのリリース後には、4~5インチで現行の『MADOSMA Q501』の後継製品を検討しているほか、Windows Phoneはデータ通信中心のビューワーとしての利用が多くなると見て5~7インチの“ファブレット”も検討しているとのこと。特色ある端末の登場は、今後さらにWindows Phoneへの注目を集めることになりそうです。

『MADOSMA Q501』主な仕様
OS:Windows Phone 8.1 Update
プロセッサー:MSM8916 1.2GH クアッドコア
メインメモリー:1GB
内蔵ストレージ:8GB
外部ストレージ:microSDXC(最大64GB)
ディスプレー:約5インチ 1280×720ドット HD IPS液晶
無線LAN:IEEE802.11b/g/n
Bluetooth:V4.0
本体インタフェース:microUSB、ヘッドホンマイク端子、microSIMスロット
カメラ:800万画素 オートフォーカス/LEDフラッシュ
インカメラ:200万画素
バッテリー容量:2300mAh
連続待ち受け時間:460時間
連続通話時間:9時間
本体サイズ:W70.4×D142.8×H8.4mm
本体重量:約125g

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP