ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sakuが日本工学院専門学校の授業「ミュージックジョブ」に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大ヒット映画『ビリギャル』劇中歌「START ME UP」を歌い注目を集める、女性シンガーソングライターのSakuが6月16日、日本工学院専門学校の授業のゲストに登場。音楽業界への就職を目指す学生たちに「未完成でもいいから、どんどんチャレンジしてほしい」とエールを贈った。

これは日本工学院専門学校コンサート・イベント科で、音楽ライターの榑林史章氏が講師を務める授業「ミュージックジョブ」の中で行われたもの。「タワーレコード渋谷店スタッフとの両立について」や「夢を叶えるのに必要なもの」「笑顔の秘訣」など、学生からのさまざまな質問に、経験談を交えながら笑顔で答えたSaku。アーティストの生の話を聞ける貴重な機会とあって、学生も興味津々といった様子で彼女の耳を傾けた。中にはタワレコ渋谷店でバイトをしていたという学生もいて、思わぬ出会いによろこび合う場面も。また、Sakuがオススメの1曲として、バネッサ・パラディの1992年のヒット曲「ビー・マイ・ベイビー」を紹介したほか、授業の最後にはSakuから学生にCDがプレゼントされ、その場でサインとメッセージを書き込むサービスもあった。

授業を終えた学生は「Sakuさんの音楽に対する熱意に感銘を受けた」「自分から動いて行くポジティブさを見習いたい」と刺激を受けた様子で、Saku自身も「とても楽しい時間だった。学生のみなさんからパワーをもらいました!」と特別授業を振り返った。

この後Sakuは7月2日に渋谷WWWでワンマンライブを開催するほか、7月19日に大阪で開催される「LOVE the ROCK」など、フェスへの出演が続々と決定している。

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Saku オフィシャルHP
日本工学院専門学校‎ 公式HP

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP