ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

立ち上がれ納豆ファン!水戸納豆男子がアフリカへ納豆を届けるクラウドファンディング始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

納豆男子は、「納豆が好き。」という営業マン、デザイナー、エンジニア、教師、高校生、外国人などの男子達で構成される、日本の納豆業界には属さない個人チーム。納豆を沢山の人に食べてもらおう、と日々活動しています。

クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で、納豆大好き納豆男子が日本が誇る納豆をアフリカのみなさんにも食べてもらおう、というプロジェクトがスタートしています。納豆男子は7月3日(金)~7日(火)にアフリカ大陸のタンザニアの首都ダルエスサラームで開催される「第39回ダルエスサラーム国際商業祭“サバサバ”」ジャパン・パビリオンにブースを出展し、来場者に納豆を配付します。

納豆は欧米・アジアにはすでに進出していますが、実はアフリカへは進出したことがないそう。ですが、アフリカには日本よりもお米の消費量が多い国があったり、オクラのネバネバを好む食文化や納豆の風味に似た食材があるため、受け入れられる可能性があるかも!とのこと。

ブース出展資金の目標金額は100万円。支援の受付は6月26日(金)までです。残り10日となった6月16日現在の達成率は37%。プロジェクト支援は1,000円コースから100,000円コースまでの8種類。コースによって支援金額とリターンが異なります。資金は、サバサバ参加費用(ブース費用・納豆調達費用・現地での納豆保存費用)・渡航費用・滞在費用・国際クール便費用に充当予定。

アフリカに納豆を届けるというこのプロジェクト、世界中に納豆文化を広める重要な第一歩となるかも!?3,000円以上の出資者には納豆男子セレクトの高級納豆やアフリカグッズなどのリターンあり。気になった方はぜひご協力ください。

水戸出身の納豆男子がアフリカへ!おいしい納豆をアフリカ人にも食べてもらいたい! | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

納豆のレシピ 〜毎日簡単おいしい楽しい〜|納豆男子

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

男心に刺さる!あの「手裏剣形のマルチツール」が遂にクラウドファンディングに登場!
なんと日本酒100種類が3000円で飲み放題!しかも時間無制限の夢のようなお店がオープン!
ひらがながアクセサリーに!美しい曲線で書かれた文字をピアスに「Hiragana」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP