体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

是枝裕和×菅野よう子『海街diary』インタビュー

umimachi3

「今回、僕としては初めて、役者さんの芝居に音楽を当ててみようと思ったんです」。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずという日本映画を代表する若手女優が四姉妹を演じた話題作『海街diary』。古都・鎌倉を舞台にしたこの物語を映像化するにあたり、是枝監督にはこんな思いがあったという。音楽を依頼した相手は、アニメーションから実写映画、ポップス、CMまで幅広いジャンルで活躍する菅野よう子。今回が初参加となる是枝組で、「光と影が拮抗する物語で、時間の流れそのものを表現したかった」と振り返る。季節の移り変わりと、そこで生きる人々の息づかいを繊細に写しとったこの名作は、どのように誕生したのか──。日本の映画界と音楽界をそれぞれ代表する才能に、語ってもらった。

 

──お二人は今回が初顔合わせですね。是枝監督はどういう経緯で菅野さんに音楽を依頼することになったのですか?

是枝「最初は何となく『登場人物は四姉妹、物語の時間も四季。だから音楽は弦楽四重奏がいいかな…』と思っていて。脚本を書く際はモーツァルトとか、いろんな作曲家の弦楽四重奏を聴きながら進めていたんです」

菅野「ふむふむ」

是枝「で、実際に撮影が始まり、音楽はどうしようかなと考え出した頃、たまたま現場でその話になったんですよ。『どんな音が合うかなぁ』って。そうしたら近くに長澤(まさみ)さんがいて。彼女が菅野さんの名前を挙げてくれました。『私、一度でいいから菅野さんの音楽が流れてる映画に出てみたいんです』って」

菅野「わぁ、光栄!(笑)」

是枝「で、菅野さんが音楽を担当された朝ドラ『ごちそうさん』のサントラCDがあるじゃないですか。『ゴチソウノォト』。あそこに入っている、えーと、ほら……なんとかマーチ」

菅野「『モスリンマアチ』?」

是枝「それ(笑)。スタッフの一人がその曲を持ってきてくれて。すでに撮り終えていた映像に、現場のパソコンでいきなり乗せてみたんですよ。その時点ではもう『春』のシーンは撮り終わっていたので、四女のすずとクラスメートの男の子が、桜並木の下で自転車を二人乗りするシーンに付けてみた。そしたらあの短い曲と映像とが、ぴったりはまっちゃったんですね」

菅野「へええ」

是枝「それがもう完璧だったんですよ。曲が一番盛り上がるところで、二人が上を見上げたら、そこに満開の桜があって──みたいな(笑)。まったく違う作品のために書かれた曲なのに、まるで誂えたみたいにマッチしていた。パソコンの画面を眺めつつ、『うわー、こんなことってあるんだ』ってスタッフとびっくりしまして。これはもう、お願いするしかないだろうと」

菅野「そうだったんですね! 今、初めて知りました」

是枝「行き当たりばったりと思われると恥ずかしいので、お話ししてなかったんです(笑)」

äCäXÉTÉuÇP äCäXÉTÉuÇQ

 

umimachi1
1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy