ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LenovoはAndroidベースのYoga Tablet 3を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovo が Android ベースの Yoga Tablet 第 3 世代モデルと見られる「Yoga Tablet 3」を開発している模様です。「YT3-850M」が FCC の認証を取得し、「YT3-870」が GFX Bench の公式サイトに現れました。Yoga Tablet シリーズは、回転式のキックスタンドによって様々な方法で操作できるのが特徴です。おそらく、Yoga Tablet 3 もフォームファクターは変えていないと予想されます。Lenovo の新しい型番「YT3-XXXX」が Yoga Tablet 3 であるとは確認されていませんが、TY3 は “Yoga Tablet 3” の略だと予想されています。GFX Bench の情報によると、「YT3-870」は、4.4 インチ(!?) 1,280 × 800 ピクセルのディスプレイ、1.1GHz 駆動の Cortex-A7 プロセッサ(Adnore 304 GPU)、0.9GB / 1.9GB RAM、12GB ROM、背面に 700 万画素カメラ、Android 5.0.2 を搭載しています。スペックの一部表記はかなり変です。また、FCC の認証を取得した「TY3-850M」は GSM / WCDMA / LTE のほか、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0 にも対応しています。おそらく、Yoga Tablet 3 にも Wi-Fi Only モデルと LTE モデルなど複数のモデルが用意されているのでしょう。Source : FCCGFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
Hamee、5.5インチまでのスマートフォンに対応した防水ケース「DIVAID Lite 防水ケース」を発売
ドイツでXperia Z4 Tablet LTEモデル(SGP771)が販売開始
NVIDIA、SHIELDコンソールのv1.2アップデートを開始、写真の4K出力に対応など

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP