体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

完成した頃が食べ頃?カップアイスで顔を描いたアートシリーズ

asanomakoto-8

冷たい食べものが恋しい季節がやってきた。

日本人のInstagramユーザー「asanomakoto」さんは、ハーゲンダッツなどのカップアイスをキャンバスに、人の顔を描き出した作品を公開し、話題を呼んでいる。

@asanomakotoが投稿した写真 – 2015 6月 9 7:03午前 PDT

作品によってすべて表情や髪形が違うのは、そのときの気分で変えているのか、はたまたアイスの種類によって変えているのか?

@asanomakotoが投稿した写真 – 2015 2月 9 7:45午前 PST

ポップでコミカルな表情を見ていると、なんだかこっちまでハッピーな気分にさせられる。

@asanomakotoが投稿した写真 – 2015 2月 9 7:45午前 PST

二層になっているものは、表面の層を髪の毛にするなどの小技もお見事。

@asanomakotoが投稿した写真 – 2015 1月 19 6:18午前 PST

@asanomakotoが投稿した写真 – 2015 2月 26 5:19午前 PST

あなたもアイスを食べるときに挑戦してみてはいかが?

ただし、夢中になり過ぎてアイスが溶けてしまっても自己責任なのであしからず。笑

Instagram
https://instagram.com/asanomakoto/

アイス(まとめ)
アート(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。