ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さっぱり味の落とし穴 「そうめん」はごはんよりハイカロリー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

そろそろ暑さも夏本番。暑くなると、さっぱりした食事がうれしくなりますね。とはいえ、さっぱりした味だからローカロリーとは限らないとはあまり知られていません。

たとえば、夏によく食べられる「そうめん」は、「ごはん」よりもハイカロリーです。
そうめん1人前(2束100g)のカロリーは、350キロカロリー前後。ごはん(お茶碗一杯約150g)のカロリーは、250キロカロリーです。

口当たりがさっぱりしているからといって、そうめんを選ぶと意外にハイカロリーな食事になるということですね。そうめんだけだと、口当たりがさみしいからといって、天ぷらをトッピングしたりすると、相当ハイカロリーにな食事になるということです。

また、小麦製品は、ごはんに比べて、食後に血糖値があがるスピードが速くなることが知られています。そのため、ダイエット中の方は、インスリンが大量分泌されて、ブドウ糖が皮下脂肪として蓄えられてしまい、かえって太ってしまうことにもなりかねません。

同様に、暑さがつらくて、スポーツドリンクや甘い飲み物をよく飲む方は、急激に血糖値があがりますので、同様の理由で皮下脂肪に変わりやすくなっているかもしれません。

さっぱりしているのに、意外にハイカロリーな食事は多いです。たとえば、握り寿司がドーナツ以上にカロリーが高いというと、多くの人はイメージできないのではないでしょうか。

医師から肥満や血糖値について、注意するように指示を受けている人は特に注意して、夏場の食事を見直したいですね。

※写真はイメージ 足成より http://www.ashinari.com/2010/11/29-343297.php

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 松沢直樹) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP