ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『バットマン vs スーパーマン』が来春公開 今後5年間で10作品とDCコミック原作映画がアツい!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


アメコミファン待望の超大作『Batman v Superman:Dawn of Justice(原題)』の日本語タイトルが『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に決定。そう! バットマンとスーパーマンがついにスクリーンで夢の共演を果たすのです!

“スーパーマン”の誕生を新たに描き直し、世界興収約800億円の大ヒットを記録した『マン・オブ・スティール』。その続編として制作される本作では、ゴッサムシティを悪の手から守る闇のヒーロー“バットマン”との対立を描きます。「vs」というくらいだから、2大ヒーローがバトルを繰り広げることになるのでしょう。しかしその理由や目的については、未だ明らかとなってはいません。

メガホンを務めるのは前作に引き続きザック・スナイダー監督ヘンリー・カビルがスーパーマン(クラーク・ケント)役を続投し、『アルゴ』『ゴーン・ガール』のベン・アフレックが新たなバットマン(ブルース・ウェイン)を演じます。さらに、『ワイルド・スピード』シリーズのガル・ガドットがワンダーウーマン(ダイアナ・プリンス)役に、『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグが悪役レックス・ルーサーに抜擢されています。

Batman v Superman: Dawn of Justice – Official Teaser Trailer(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?t=121&v=IwfUnkBfdZ4

海外で公開されているトレーラー映像では、新バットマンのコスチュームもお披露目。クリストファー・ノーラン版のシリーズでクリスチャン・ベールが演じたバットマンよりも耳が短くて可愛い印象です。でも筋肉はムキムキ!

近年ではマーベル原作のヒーローたちが日本でも認知を拡大し、最新作『アベンジャーズ / エイジ・ オブ・ウルトロン』が7月4日に待望の公開を迎えます。しかし、『バットマン vs スーパーマン』を皮切りにして、DCコミック原作のアメコミ映画も2020年までに10作品を公開予定。アメコミ界の二大巨頭がスクリーンでもバチバチに火花を散らしますよ!

<今後のDCコミック原作作品ラインアップ(すべて原題)>
2016年:『スーサイド・スクワッド』
2017年:『ワンダーウーマン』『ジャスティス・リーグ Part 1』
2018年:『ザ・フラッシュ』『アクアマン』
2019年:『シャザーム』『ジャスティス・リーグ Part 2』
2020年:『サイボーグ』『グリーン・ランタン』

『スーサイド・ スクワッド』は、DCコミックのスーパーヴィラン(悪役)が集結し、減刑と引き替えに極秘ミッションに就く悪人オールスター作品。ジャレット・レトが演じる新ジョーカーのビジュアルも話題となっています。


また、『ジャスティス・リーグ』はスーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンらが共闘するスーパーヒーローチームの物語。言わば“DCコミック版のアベンジャーズ”です(原作はアベンジャーズよりも先に誕生)。さらに各作品が連動しながら個々のヒーローの活躍も描かれ、2020年までDCシネマティック・ユニバースがどんどんと拡大。これはもう、ワクワクが止まらないぜ!

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は、2016年3月に日本で公開される予定です。

(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP