ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

余命わずかと診断された17歳の少女、自分の「お葬式」を計画

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
cancergirl.jpg

  生まれたからには、いつか死ぬ。それは当たり前のことだが、忘れがちなことでもある。あるいは、「忘れておきたい」ことだろうか? いつか来る、しかしきっとすぐではない。そうやって「死」というものを遠ざけておくのが人間なのかもしれない。しかし目の前にぶら下げられたら、いくら目を逸らそうとも視界に入るものである。あるイギリスの少女は17歳にして、「余命わずか」だと診断された。目前に広がるものが「未来」から「死」に姿を変えたとき、少女が取った行動は「自分のお葬式を計画すること」だった。

 イギリスのデイリーメール紙によると、ドナ・シャウ(Donna Shaw)は、昨年2月に「ユーイング肉腫」だと診断された。ユーイング肉腫とは、主に若者の骨に発生する悪性腫瘍のことである。ドナは肩にある腫瘍の80%を取り除く手術を受け、化学療法も行ったが、今年1月に治療の効果が出ていないとされた。治る見込みがなくとも治療は続けるかどうかの選択を迫られたとき、17歳のドナは、「尊厳死」を求めた。彼女は同じ病棟で亡くなった5歳の少年を見てそう決めたという。

「私の友だちは、ほんの5歳だったから自分では決められなかったの。彼は1月9日に亡くなったわ。彼の両親は治療の延長をし続けて、その子はまるで”がい骨”みたいに見えた。もしあの姿を見ていなかったら、私も治療を続けていたかもしれない」

 「尊厳死」を選ぶと決めた彼女は、自分の「お葬式」をどのようにするかについての計画を練り始めた。たとえば棺を運ぶ人を決めたり、流す音楽や映像を決めたり、花の色を決めたり――。また、参列する男性はドナの好きな色であるピンク色のネクタイを締めることも決まっているし、ドナ自身は、彼女の母親の結婚式(再婚)に出席するために着たドレスに身をつつむ。

「病気になってからの私のモットーは、『泣いてもいい、でも笑うのはもっといい』ってこと。ときどき怖くなるし、ときどきは身がすくむ思いだし、それに『だからなによ?』って思うこともある。寝るときはすごく怖い――。死ぬのが怖いんじゃなくてね、家族を残していくのが怖いのよ」

 ドナの母親は、「娘がこれだけ強くあってくれて、助かってるわ」と語っている。ドナは残された時間をめいっぱい楽しもうと、今日も「モットー」を胸にさまざまな計画を立てている。

【関連サイト】
Brave teenager plans her own funeral after being told rare cancer is terminal- Mail Online 少女のことを報じた英メディア

(古川仁美)

【関連記事】
難病の少女の命を「救い続ける」犬
30年前に海へ放った「ボトルに入った手紙」 受取人が現在の彼氏だと判明
スペースシャトルについて質問した少年、NASAからの手紙に「有頂天」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。