ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この季節限定・“幻の鮭”を豪勢に使用したお弁当も!?大丸東京店の“北海道グルメフェア”が見逃せない!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大丸東京店が、この「時不知鮭」を使い旬のおいしさをたっぷり詰め込んだお弁当を開発。さらにホタテや毛ガニ、北海道米など、北海道の食材を活かした弁当・惣菜など、全30種類を取り揃え、「北海道グルメフェア」を6月17日(水)~30日(火)まで、大丸東京店 地階 ほっぺタウンにて開催する。

期待大の「時不知鮭」は、鮭の最盛期である秋を待たずに獲れることから、この名がついたと言われている。産卵まで時間があるので、栄養はたっぷり!!脂のりもバツグン!!脂は通常の鮭のなんと3~4倍も多いという。

早速注目の弁当・惣菜ラインナップをご紹介。

「<富惣>北の味覚詰合せ(税込1,080円)」は、ゆめぴりかを使った生姜ご飯に時不知鮭をのせ、北海道産ホタテの揚げ煮をプラス。

脂がのって、うまみも凝縮された「<築地 魚弁 味の浜藤>時鮭塩焼弁当」(税込1,380円)では北海道産時鮭ならではの味わいと食感が存分に味わえる。

「<創作鮨処 タキモト>北海道産時不知鮭といくらのミルフィーユ」(税込2,484円)は時不知鮭はもちろん、いくらやホタテ、さらに松前漬も味わえるという贅沢な一品。

「<知床鮨>蝦夷前ちらし」(税込1,890円)は時不知鮭のほか、いくら、ホタテ、ホッケなど、人気の海の幸がオンパレードだ。

「<おかず本舗 佃浅>北海道産時鮭塩焼弁当」(税込1,188円)は時不知鮭の塩焼でうまみを実感できる。ゆめぴりかを使ったご飯とも好相性だ。

北海道の幸を溢れんばかりに使ったお弁当が目白押しの「北海道グルメフェア」、開催が待ちきれない!!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP