ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秘密は風の“振動”!?コストを40%低減する画期的な風力発電とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

地球にやさしい自然エネルギー活用が注目される中、タービン(プロペラ)なしで風力発電を行うスペイン発の「ヴォーテックス・ブレードレス(Vortex Bladeless)」に注目が集まっているのをご存知だろうか?

・風を使った振動発電

その秘密は、風で起こる振動にある。

この画期的なアイデアは、発明者の1人のDavid Yañez氏が、1940年代に強風の影響で落橋した橋の大事故のビデオを見て、「風の力で渦度させ、エネルギーを作れないか?」と発案したのが始まり。

風の力で「Vortex」のシステムが振り子のように振れ、その振動エネルギーを利用して発電するという訳だ。

・エネルギーコスト40%オフ!

「Vortex」は、大きなタービンが必要な従来の風力発電塔よりも、同じ場所でもっと多くの発電をすることができる。

最新の試算では、タービンありと比べ、エネルギーコストも40%低い。

・母国スペインでは スタートアップ大賞受賞

Vortex社はスタートアップながら、母国スペインでの評判は良い。2014年には、サウス・サミット・スタートアップ・スペインのエネルギー事業部門優勝を飾っている。

Vortex社はスペインからアメリカのボストンに会社を移し、アメリカの大手デザイン・コンサルティング企業IDEOのアソシエート・パートナーが役員として名を連ね、現在この商品の開発を進めている。

「私たちは、風力発電の世界を変えるのです。世界を変えるのです。」と、代表取締役 CO-CEOのDavid Suriol氏は自信を持って語る。

Vortex社は現在、クラウドファンディング・サイトのIngiegogoで初の商業用パイロット版を製作するため、5万ドルの出資を募っている。

最低出資金額は20ドルで、初期の出資者としてウェブサイトに名前が載る。

タービンがない風力発電は、近い将来、鳥たちにも優しいグリーンエネルギーになるかも。

今後のさらなる研究が期待される。

Vortex Bladeless

 

 

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP