ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“デキ婚”のリアルとは!? 映画『グッド・ストライプス』菊池亜希子&岨手由貴子監督インタビュー

good-stripes_01

マイペースな文化系女子と、優柔不断なおぼっちゃま草食男子のマンネリカップルが、妊娠を機に結婚式に至るまでを描いた映画『グッド・ストライプス』が、2015年5月30日より新宿武蔵野館などで公開となります。
主演の緑を演じたのは、女優・モデル、そして自ら編集長を務める本『菊池亜希子ムック マッシュ』(小学館)を刊行して、そのセンスとライフスタイルに支持が集まっている菊池亜希子さん。相手役の真生にはNHK『花とアン』で注目された中島歩さんが起用されており、イマドキのカップルの結婚へのスタンスを見事に活写しています。

ここでは、今作が初監督作品で、撮影・編集の過程で自身も結婚を経験したという岨手由貴子さんと菊池さんにダブルインタビュー。撮影時のエピソードやお互いの結婚観についてもお話を伺うことができました。

good-stripes_02

ーー『グッド・ストライプス』は、いわゆる“できちゃった婚”を扱った作品ですけれど、まずは監督ご自身も映画の製作の最中に結婚されたということで、このテーマを選んだ理由からお聞かせ頂ければと思います。

岨手由貴子監督(以下、岨手):脚本を書き始めたのは、もう3、4年ぐらい前だったのですけれどけど、その時は自分自身が結婚する予定は全くなかったんです。だからこそ、「アラサー」「アラフォー」や「お一人様」みたいキーワードに対して敏感になっている時期で、そういった風潮が「結婚のハードルを上げているんじゃないかな」と思っている部分もありました。
そう考えたときに、「そもそも結婚ってそんなにいいものなのかな」とか、リアルに考えたときに、自分と同世代の、同じ都会に暮らしている一人暮らしの若者同士が、突然結婚するってなったときにどうなるんだろう、っていうところからスタートして考えた企画なんです。

ーーご結婚をされたことで、脚本が変わった部分があるということですが、具体的には?

岨手:結婚する前に書いた第一稿は、ちょっと皮肉っぽいというか、コミカルな要素の比重がもっと大きかった。完成したものにある温かさみたいなものがもうちょっと少なかった気がします。

good-stripes_03

ーーそれは、例えば挙式を経験なさったことの影響がありますか?

岨手:実は、結婚式のシーンで緑が頭に付けているヘッドドレスは、私が実際に結婚式で着たものなんです(笑)。正直「結婚式とかめんどくさいな」と思っていたんですけど、親族が一堂に会して、単純に自分の家族の幸せを祝福してくれるイベントとしてのよさを感じました。他人同士がつながることで、お互いの親族や友人に会うことになるじゃないですか。それによって、生まれなかったつながりもあると思うので。結婚してから撮影できたので、多分こういった後味がすごく温かい映画になったんじゃないかなと思っています。

ーー岨手監督にとって、主役の菊池さんの魅力を一言で言うのであれば、どういうところになるのかお聞きしたいのですけれど。

菊池亜希子さん(以下、菊池):私も聞いたことないです(笑)。

岨手:この脚本を書いていたときに、『マッシュ』をはじめとする活動を拝見していて、男性に対しての「モテ」みたいな部分よりも、自分自身の好きな物事をすごく大切にされてる方だなというイメージがありました。それで、緑というキャラクターに合っているんじゃないかなと思いました。
ただ、撮影後に感じたのは、菊池さんの懐の大きさ。私が脚本で意図していた緑のキャラクターよりも、実際に演じてもらった緑は、後半に行くほど、どっしりと相手の真生を受け止める表情や仕草を見せていくようになって、より奥行きがあるキャラクターになったと思うんです。これは、おそらく菊池さんご自身が持っている魅力だと思うんですよね。

good-stripes_04

ーー菊池さんは、ご自身も岐阜県出身で上京を経験されていますが、主人公の緑もやはり地方から出てきた文化系女子というキャラクターです。ご自身の性格と似ている部分と違っている部分はどこになるのでしょう?

菊池:緑は自分なりのファッションのこだわりとかを持っている人で。一見すごくおしゃれな人っぽく見えるかもしれないんですけど、実は頑張っておしゃれになろうとしている人なんだっていうところが「緑だな」っていう気がしています。私自身、長くモデルをさせて頂いていますが、私も田舎出身で、何というか、葛藤があったんですね。学生時代、東京に出て行くのかどうするのかとても悩んだ経験もあって、映画での緑の踏ん張り方が自分と重なるところがあったような気がします。

ーー映画の中で、緑が地元に真生と一緒に帰るシーンがありますよね。終始ぶっきらぼうな態度だったのが印象的でした。

菊池:実家に帰るエピソードは、共感というか、もう肌で感じましたね。隣には真生がいて、でも反対側には自分のもともとの家族がいるという照れくささとか。そういった内弁慶な部分は、認めたくないですけど、私自身にも大いにあると思います。あのシーンでの緑のふてくされた顔は、別にふてくされようと思って演じていたわけでは全然ないんですけれど、でも出ちゃうんですよね、「すごい顔しているな」と思って見ていたんですけど(笑)。緑のそういうダサい部分はすごいグサグサ私にも刺さりますね。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。