ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デカ盛りの聖地で『週替わりサービス定食』を食す! @埼玉・入間『古都』

kotochiki-5

彩の国には「デカ盛り」の聖地がある。人はその地を『古都』と呼び、恐れ崇めている……。

と、言う訳で今回はベタベタな「デカ盛り」の店、埼玉県入間市の『古都』で御座います。
正直、家から遠いし色々な意味でヘヴィーなので敬遠していたのですが、そろそろストライクゾーンにも投げておかないと駄目かなと思い、意を決して行ってみました。

kotochiki-18

ぱっと見は普通の民芸調な定食屋さん『古都』

とりあえず国道16号をひた走り、埼玉県道195号富岡入間線を走って『古都』に到着した筆者。初めて来たにしては予定通りの到着時刻にご満悦。

しかし、すでに古都の周辺にはソレっぽい「戦士」が集結しつつある模様……。

ナンバープレートを見ると、かなり遠方からの遠征組も少なくないようです。

さすがは千葉県の『やよい食堂』と並び「デカ盛りの聖地」と崇められているだけの事はありますね。

kotochiki-1

『古都』と言えば「味噌おでん」である

とりあえず『古都』では「お通し」的な何かとして「味噌おでん」がやって来ます。他にも「もやし」的なナムル的な小鉢も付いています。

無論、これも定食などの料金に含まれているので「お通し」のように別料金が発生する訳ではありません。言うなれば店側のサービスです。

「無料ほど嬉しいモノはない」

kotochiki-3

と、普通なら歓喜の涙を流す所ですが、この後の事を考えると誰もが微妙な引きつった半笑いになってしまうのです。

「無料ほど恐ろしいモノはない」

この言葉の意味を理解した時には、全てが手遅れであるのは言うまでもありません…

kotochiki-2

『古都』には週替わりのサービスメニューがある

サービス精神旺盛な『古都』は、週替わりでサービスメニューが出てきます。ちょっとお値段的にお得で、ちょっとボリューム的にお得なので、誰もがオーダーしてしまいがちですが、それは罠です……。

ちゃんと自分がオーダーしようとするメニューの「雰囲気」くらいはネットで調べるのが正しい『古都』との付き合い方です。ちなみに、この日は

『チキンカツレツのトマトソースがけとスクランブルエッグの定食』

『エビ天とじうどん』

の2択で御座います。村人レベルの筆者としては『エビ天とじうどん』(795円)くらいが相応しいと思うのですが、記事としては『チキンカツレツ(略』(1080円)の1択となります。

ちなみに、最初に入店した「戦士たち」は9割が『チキンカツ(略』を注文していました。

kotochiki-19

「御飯ハーフでお願いします!」

と、言う訳で否応なしに『サービス定食』(チキンカツ略)を注文するしかない筆者ですが、はっきり言ってヤヴァイです…。

ネットで調べた結果、筆者的には8割がた完食するとは思われるのですが、いかんせん「おでん」とか「スクランブルエッグ」が引っ掛かります。
よしんば御飯とチキンカツと味噌汁なら問題ないのですが、上記の2点が加わるだけで戦慄を覚えます…。

なので、ココは恥を忍んで

「サービス定食、御飯ハーフでお願いします!」

と注文した次第です。まあ、僕は「村人」くらいのレベルですからね。

若干、ヒヨったオーダーで誠に恥ずかしい気もするのですが、自分の実力と『古都』の常識を照らし合わせた結果、確実に完食に至る為には

「御飯半分でも仕方なし!」

となります。そもそもが「デカ盛りの聖地」で、チャレンジのつもりで挑むのは間違いです。

常日頃から己の実力を把握し、それに自分の体調を加味した上で

「必ず完食するオーダーに徹する!」

のが、真の戦士と言えるでしょう。写真を撮りたいが為だけに、食べれない量を注文する外道は論外です。

なお、たかが「デカ盛り」で戦士とか片腹痛い表現ですが、実際に『古都』に集結した人々を見れば、その表現も大袈裟ではない事を理解するはずです。

kotochiki-10

『週替わりサービス定食』を食す!

一応、そこそこは大盛りとかデカ盛りを食べて来た筆者ですが、やはり『古都』は別格なので「御飯ハーフ」のオーダーを通しました。

結果、こんな感じで御座います…。

kotochiki-11
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy