ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

漫画家・佐藤秀峰「”ブラよろ”をコピーして売ってもいい」

burayoro.jpg

 漫画「ブラックジャックによろしく」(ブラよろ)の作者である漫画家・佐藤秀峰さんが、2011年1月23日、ニコニコ動画の生放送番組に登場した。佐藤さんは、かねてより同作のインターネットでの無料公開を行っていた。今回はさらに、海賊版さながらに圧縮ファイルでのデータ無料配布に踏み切ろうとしているのだ。そこで、番組では株式会社ニワンゴ取締役管理人・ひろゆきさんや「読者」でもある視聴者の意見を取り入れながら、配布にあたっての「規約」、そして、その先にある収益化の可能性について語り合った。

 佐藤さんは、漫画「ブラよろ」のデータ無料配布にあたり、一歩踏み込んだ「二次利用」についても「そのままコピーして売ってもいい」「CDにして売っても構わない」「元の版元である講談社以外がやるんならなんでも」とあっけらかん。これには視聴者も「えええええ」「いいのかよwww」と驚いている様子のコメントが寄せられていた。さらに、「二次創作」についても「トレースOK」、続編を勝手に作ることまで「連絡くれれば自分も買います」と応え、とにかく既存の枠に捕らわれない佐藤さんの姿勢が伺えた。

 しかし、佐藤さんは、公開・配布・二次利用・二次創作をただ単に認めている”だけ”ではない。同じ漫画家の赤松健さんが現在運営している「Jコミ」が採用しているような「漫画の合間に広告を挟む」という手法。これに対して、「成功したらマネしたい」と興味を示し、佐藤さんは「ブラよろ」の新たな展開を通して「どういう結果が出るのかが見てみたい」と、収益化の方法を幅広く探っているようだった。

 なお、番組の後半では、佐藤さんの新しい試みのひとつであり、現在既に進められている「ブラよろ英語翻訳プロジェクト」が紹介されていた。英訳ができる有志により「ブラよろ」の英語翻訳が行われているので、興味を持った方はアクセスしてみてはいかがだろうか。

【関連サイト】
“Say hello to Black Jack” English translation project ブラよろ英語翻訳プロジェクト

「ブラックジャックによろしく」をzipでうp!~利用規約作成会議~
http://live.nicovideo.jp/watch/lv37943485
(番組はタイムシフト機能で2011年1月30日まで視聴できる)

村井克成

【関連記事】
都条例反対の漫画家「夕張で雪かき」 猪瀬副知事との「対談条件」はたす
家出した息子が漫画家に\(驚)/ サンデー編集部に「真相」を聞いてみた
「有料イベント」をネットで無料配信。トークライブハウス「ロフト」が目指すもの

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。