ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

11歳で父の婚約者を殺した少年 与えられるべき「罰」は何か

13yearsold.png

 罪を犯したら裁かれる。罪を犯したら償う。それは当たり前のことだが、どの罪に対してどのような「断罪」「償い」が妥当なのか、その判断は言うまでもなくとても難しい。ましてや罪を犯した者がたった11歳だったとしたら――。ここではアメリカで起こった殺人事件を取り上げる。「彼」は、罪を償うには未成熟な存在だろうか? 少年の未来すべてを「牢獄」に詰めこむのは残酷か? それとも、彼の罪はそれほど重いのか。皆さんにも考えていただきたい。

 英国のガーディアン紙や米国CBS放送局のウェブサイトの報道によると、事件はアメリカ合衆国のペンシルバニア州で、2009年2月に起こった。当時11歳だったジョーダン・ブラウンは、ベッドルームで眠っていた父親の婚約者、ケンジー・ハウク(Kenzie Houk)の後頭部をショットガンで撃ち抜いて殺害し、その後いつもと同じようにスクールバスに乗って小学校に登校したという。この銃は、子ども用にデザインされた狩猟用のものだった。当時ケンジーは男の子を妊娠しており、出産予定日まで2週間だったため、ジョーダンは「2人」を殺害した罪で起訴されている。

 ペンシルバニア州・ローレンス郡の判事が「少年は良心の呵責を覚えておらず、自らの行動の責任を取っていない」としてこの事件を少年裁判所に移すことを拒否したため、このままいけば、現在13歳になったジョーダンは未成年としてではなく成人として裁かれることになる。ガーディアン紙によると、そこで有罪となった場合彼には「仮釈放の可能性がない終身刑」が科されるという。

 米国では2005年にミズーリ州で起きた事件について、「18歳以下への死刑は憲法違反」との最高裁判決が出ており、この刑はジョーダンに科されうるものとしてもっとも重いと考えてよい。ジョーダンにこの刑が科された場合、彼はアメリカの歴史上でもっとも若くして「永遠の投獄」をくだされることになる。

 一方、ジョーダンの父親クリス・ブラウンは、息子の無罪を主張。クリスは去年、「12歳の少年に、『残りの人生』の意味を説明してみてくれよ。理解できるはずがない」と米メディアに語っている。しかし、被害者の母親デボラ・ハウク(Deborah Houk)は、少年にもっとも厳しい刑を望んでいる。彼女はメディアに対し「『ああ、彼はまだ11歳なのよ』とか、『洋服のサイズが合ってないわ』とか、そういうのには耐えられない。彼は、自分がなにをしていたかわかっていたわ。あの子が私の娘を殺したのよ」と発言した。

 米国民の間でも、さまざまな議論が起こっている。オンライン・ブックマークサイト『digg』でも、この記事に対して「冷たいって言われるだろうが、こいつは自分がやったこと相応の報いを受けるだけだろう」「私たちは、精神的に成熟する年齢を18歳って定めたのよ。子どもを大人と同じように裁くのはいい加減にやめて」など多くのコメントが集まった。賛否は分かれ、「どこにラインをひくのか」という問題提起が繰り返しなされている。

 ジョーダンをどのようにして裁くのか、その決定には数週間、長ければ数ヶ月かかるとみられている。また米国CBS放送局の記事によれば、未成年として裁かれれば彼は21歳までには釈放されるという。「少年」「罪」「命」。それぞれの重さは、「法」のもとでどのようにはかられるのか。注目が集まりそうだ。

<事件を報じた英メディア>
US child appeals against being tried for murder as an adult – The Guardian

(古川仁美)

【関連記事】
1歳の子供がバスタブで溺死 そのとき母親は「オンラインゲーム」のプレイ中
「男のフリ」して、女性と「性的な関係」続けた女性
イギリスを震撼させた”人食い”に終身刑

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。