ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

電源いらず! 『iPhone 4』の音声を増幅するスタンド『iHorn(アイホルン)』

iHorn(アイホルン)


 『iPhone 4』の優れた音質を生かして、“電源なし”で音声を増幅するユニークなスタンドが登場しました。センチュリーは、同社リテイル事業『白箱.com』にて、『iPhone 4』用音声増幅スタンド『iHorn(アイホルン)』(池田工業が開発・製造)の販売を開始。販売価格は1万4000円(税込み)です。

iHorn(アイホルン)

『iHorn』は、アルミ削り出しの質感が美しい高級感ある『iPhone 4』用音声増幅スタンドです。アルミ本体内部をホーン形状にし、本体内部で効果的に音を反響させる構造により、『iPhone 4』の内蔵スピーカー音を約10dB増幅できます。『iPhone 4』から発する音をそのまま増幅させるため、電源はもちろんわずらわしい配線も一切不要。『iPhone 4』によく似合うシンプルなデザインです。サイズはW110×D60×H34mm、重さ約425g。

Padbase(パッドベース)

また、『iPad』用には音声増幅機能を持つスタンド『Padbase(パッドベース)』を発売します。アルミ本体が、純正の『iPad』Dockと一体化させ、重量と設置面積を増やして安定性を確保。こちらも電源を使わず、本体前面の『Sound Reflector』で『iPad』内蔵スピーカーの音声を効果的に反響させます。サイズはW190×D80×H20mm、重さ約655g、販売価格は6000円(税込み)です。
 
 

■関連記事
『iPhone/iPod』専用 最大12Wのパワーアンプ&サブウーファー内蔵スピーカー『i-FLAP』
卵型スピーカーでPCに理想の音質を! 『オラソニックUSBスピーカー』限定カラー発売へ
『iPhone 4』用アンプ内蔵バッテリーケース『Zingo』が『i.fuzen HP-1』に名称変更し1月発売へ
ひそかに話題 Toppingのデジタルアンプに高音質DAC+ヘッドホンアンプが登場
ユニークなデザイン パナソニック『iPhone/iPod』向けステレオスピーカー『SC-SP100』発売

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき