ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヨガ! ヨガ! ソニックブー! 『ストⅡ』のあの技がナノブロック化

ヨガ! ヨガ! ソニックブー! 『ストⅡ』のあの技がナノブロック化

ダルシム(強パンチ)/©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
世界最小級のブロック・nanoblockと、レジェンド級の人気を誇るカプコンの対戦格闘ゲーム『ストリートファイターⅡ』がコラボレーションした商品「ダルシム(強パンチ)」と「ガイル(ソニックブーム)」が発売された。

インドの僧侶でヨガの達人であるダルシムが、強パンチを繰り出す際に見せる思いきり腕を伸ばしたポーズや、「待ちガイル」といった戦闘スタイルで一世を風靡したアメリカ空軍少佐のガイルの必殺技・ソニックブームを完全再現している。

価格は、ダルシムが1,100円で、ガイルが1,200円(どちらも税抜)。全国の玩具店や通販サイトで購入可能となっている。

「ヨガの究極奥義、思い知ったか!」「負けはせぬ。この友の形見にかけて」

nanoblockなのに、どこからどう見ても完全にガイルだ!ソニックブームのエフェクトもちゃんと付属している。

かつては、「ガイル VS ダルシム」と、最強キャラの名を分かち合っていた2キャラだけに、ファンには嬉しいラインナップとなった。

これまで販売されていた「リュウ(波動拳)」「春麗 (スピニングバードキック)」に続く第2弾となっており、並べることで、対戦シーンの再現も可能となる。

他のキャラの今後のリリースにも期待しつつ、机の上で『ストⅡ』を懐かしんでみてはどうか。

©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

引用元

ヨガ! ヨガ! ソニックブー! 『ストⅡ』のあの技がナノブロック化

関連記事

押切蓮介「ハイスコアガール」著作権問題の実話を漫画で描く!
次世代のレゴ「nanodots」でつくった金閣寺がすごい! これが最強磁石の底力
小さくてカラフルな「ダンボーnano」が反則的にかわいい

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy