ロジクールのハイエンドマウスが『MX MASTER/MX2000』で6年ぶりフルモデルチェンジ

access_time create folderデジタル・IT
IMG_9704_f

あのロジクールがなんと6年ぶりにフラグシップモデルのマウスを発表した。
新世代ハイエンドマウスの名前は『ロジクール MX MASTER ワイヤレスマウス』(型番:MX2000)

IMG_9692_f IMG_9702_f

今回のモデルも含めた、ロジクールのハイエンドマウスの系譜は次の通り。

IMG_9579_f

2002年11月『MX700』

IMG_9583_f

2004年10月『MX1000』

IMG_9585_f

2006年 9月『MX Revolution』

IMG_9590_f

2009年10月『M950t』

IMG_9592_f

2015年 4月『MX MASTER』

“匠(たくみ)”の名を冠した『MX MASTER』。3月25日(水)に行われた発表会の情報、そして実際に使用した感想も含めてその特徴を特徴をお伝えしたい。

IMG_9501_f IMG_9484_f

発表会では、ロジクール社のプロダクトマネージャー Arnaud Perret-Gentil(アルノー・ペレ・ジャンティ)氏、そしてクラスターカテゴリーマネージャーの古澤昭仁氏が登壇。

IMG_9517_f

アルノー氏は「イノベーションと品質に注力し、より快適な体験ができるようデザインを行っている」と語った。

IMG_9471_f

「一見、高級万年筆のような見た目ではあるが、46時中PCと向き合う人がより気持ちよく快適に操作でき、作業効率が高まることを目標とした」と古澤氏。そして「あらゆる分野の“匠”たちにヒアリングを行った結果“快適さ、正確さ、スピード”が求められていることがわかった」と続けた。

MX MASTERの主な特徴

・高いデザイン性と快適性を備えた筐体
ハンドクラフトで削り出しからいくつものパターンを経て設計されたデザインは美しくも手にぴったりとフィットする。フォルムとしては『MX1000』からの流れを引き継いでいるように感じた。

IMG_9604_f IMG_9596_f
1 2次のページ
access_time create folderデジタル・IT

オサダコウジ

慢性的に予備校生の出で立ち。 写真撮影、被写体(スチル・動画)、取材などできる限りなんでも体張る系。 アビリティ「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」 「寒い場所で耐える」「怖い場所で驚かされる」 好きなもの: 料理、昔ゲームの音、手作りアニメ、昭和、木の実、卵

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧