ドラマ『相棒 最終回スペシャル』瞬間最高視聴率25.2%も「最終回ひどすぎ」「酷い内容でした」の声

access_time create folderエンタメ
相棒

3月18日、テレビ朝日系ドラマ『相棒』の最終回スペシャルが放送された。関東地区の視聴率は20.3%で、瞬間最高視聴率は25.2%だったと報じられている。

放送直後、『Twitter』の公式アカウント(@AibouNow)は、「杉下右京」だけのネームプレートがかかった壁のボードの画像をアップし


本日の「相棒 最終回スペシャル」をご覧いただきありがとうございました! また今シーズンたくさん見ていただいたみなさま、本当にありがとうございます。 もし続編があれば、またよろしくお願いします。

とツイートし、翌19日19時の段階でリツイートは6500を超えていた。

一部スポーツ紙などでは“ネタバレ”されてしまっているが、とにもかくにも“衝撃のラスト”だった模様である。それも、いい意味での“衝撃”でなかったようで、ネット上には批判があふれることとなった。

先の公式アカウントのツイートにも
「最終回ひどすぎ」
「酷い内容でした」
というツイートが寄せられていた次第である。公式は

もし続編があれば、またよろしくお願いします

とツイートしており、視聴率から言っても多分に続編が作られるのではないかと思われるのだが、“衝撃のラスト”への批判はしばらく収まりそうにない。

※画像は『Twitter』より引用

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧