ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.7  柳川荒士(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)×オカモトショウ(中編)

shoarashi_3

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第7弾は、パリコレクションにも参加するブランド、JOHN LAWRENE SULLIVANのデザイナー柳川荒士が登場。無類の音楽好きとしても知られる彼が、ファッションに強い関心を持つオカモトショウと初の対談。音楽とファッションというジャンルは違えど、志や姿勢は共通する2人はあっという間に意気投合。熱いトークを繰り広げました。

 

(前編より続き)

柳川「僕たちもたった10分くらいのショーに、4、5か月かけて挑んでるんです。ボクシングもそう。相手が決まったらその一人のためにトレーニングして、1か月前から減量を始めて。試合は3ラウンドKO勝ちもあれば判定勝ちもあり。3分で終わろうが30分で終わろうが、すごく儚い。ずっと頑張ってきたものが、大切だったものが、サクッと終わってしまう。でもまた終わった瞬間から始まっているんですよね。ボクシングも、勝てば次の相手が決められるし、ショーはエンドレスで続いていく。よくみんなに『辛くない?』って言われるんですけど、僕はプレッシャーが好きなんだと思うんです。求められると怖いじゃないですか」

ショウ「それは、どうしてもね」

柳川「でもプレッシャーから逃げていく自分なんて認めたくないから、乗り越えていこうと向き合う。そうやって向き合っていると越えられるというか、自分なりの形にはなっていくし、気持ちがいい。ボクシングも、ちゃんとやっていれば負けても悔しさとともに気持ちよかったりする。ファッションも同じ。当たり前だけど評価は様々で、いいと言う人もいれば悪いと言う人もいる。僕は100人中の80人を取りにいくためにわかりやすいものを作っているわけではなく、自分や自分がやりたいことに対して向き合って、凝縮して絞り出しているから、評価は割れていいんです。逆に評価が割れない方が怖い」

ショウ「確かにそうですね」

柳川「ものを作って発表することは、すごくエゴイスティックなこと。勝手に作って勝手に出すんだからそうですよね。その作品を好きだと言ってくれる人がいて、ちゃんとご飯を食べられていて、新しいものを作る循環をさせてもらっているというのはすごく恵まれている。だからこそプレッシャーから逃げてはいけないし、嘘をつかないもの作りをやっていかないといけない」

ショウ「本当にそう。大多数を掴むいろいろな手法があるのは知っているんです」

柳川「お互い長い間やっていればやり方はわかりますよね。でも、そこを取りにいくにはまだ早い。自分たちが改善すべき点が目に見えてあり、そこにできることが転がっているのに、なぜそれを潰してまで80人を取りにいかなければいけないのかと思う。それが我々の一番苦しいところでもあって」

ショウ「もちろんそのやりたい世界観が外にもちゃんと伝わるようにすることは大切だと思うんですよ。『自分って何? OKAMOTO’Sって何?』となった時に、言葉で説明できる部分とできない部分があるじゃないですか。やりたいことに関してもそう。それを少しでも相手にわかりやすい場で伝えられたり、伝えられる音楽にすることは大事。だけど、それと80人を取りにいくというのは全然別物で、寄せていくことではないと思っています」

柳川「そうやりながら、引き込むくらいのエネルギーは持ちたいなとは思いますけど」

ショウ「そう。最終的には自分の理想を伝えたいと思うし、それで大きくなっていったらそれが一番いいと思います。大勢に認められるのは一つの評価なので、野心としてはもちろんそうなりたい」

柳川「JLSはわかりづらいと思うんですよ。難解にしたいとか、それが大切だと思っているわけではないけれど、自分たちの色を持ちつつチャレンジしていくとどんどん難しくなっていくんですよね。進化して、周りがやらないことに挑戦していかないといけなくなるから。だからメディアや情報を基準にものを見てる人たちには独特のブランドだと感じさせてしまうかもしれない。今はこういう音楽の流れで、こういうものがおしゃれだというようなパターンが世間にはあって、そういうものは消費されていく。それは僕からすると美しくないんですよ。残っていかないと意味がないじゃないですか」

ショウ「寄せていくのが嫌だというよりも、消費されて残らないのが一番嫌ですね」

柳川「時代感というものはあるし、ビジネスとしてやらなきゃいけないこともある。でも時代感からずれていてもどう自分たちらしく態度を持ってやっていくかを考えないと、長い歴史の中に残っていくバンドにもブランドにならない。実際、今すごく尊敬しているバンドやブランドは、過去を振り返った時にやっていたことの筋が通ってる。ずっと態度を貫いて、その進化の延長線上で、時代にマッチした時にブレイクしたり、長い間時間が経った今でも活躍していたりするんですよね。OKAMOTO’Sが今のポジションに自分たちの色を持って立てたことは、ある意味選ばれているわけであり、自分もそうだと思っています。でも、またスタートなんですよね。ある位置に至ってもまたそこからのスタートの繰り返しで」

ショウ「そうですよね。適当に作った作品を買うわけないですし、常に全力でいなくてはいけない」

柳川「そう。例えばパリコレというステージに立ったら、横はみんな大物です。コレクションに100億かけるようなブランドもいれば僕たちのようなブランドもいるけど、誰もよくボクサーからここまで来たねなんて贔屓して見ませんから。でも、そこに立ちたいんですよ。コテンパになってもそこでやりたい。ここでは負けるから1個ステージを下げたいなんて思う人はいないと思うんですよね、本気でやってる人なら。ボコボコになってもしがみついてもここに立っていたい。そしていつかここで時代に突き刺す何かを残したい。毎シーズン1回1回真剣にやって小さな爪痕を残していけば、それが真ん中に突き刺さる時があるかもしれない。そういう時が来るのか、誰にも、自分でも正直わからないけれど、やり続けないと残れないんです。残っているブランドはみんなそこを闘ったと思うし、そこは信じてやっています。売れるのも成功ですし、そうやって名前を残して続けられるのも成功の道だとは思うんです。でもいくら儲けたら成功というのではなく、常に自分を発展、進化させていきたいと思っているからにはゴールなんてないじゃないですか。最後までやりたいことを貫き通す覚悟でやらないと無理だし、僕はそうじゃないと本当にやってる気がしない。どちらの道を選ぶかはその人それぞれですけど、僕はこっちの道を選んだし、周りにもそういう人が多いんですよね」

ショウ「俺もそうです」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。