ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昨年のドラマ、アナタはどれが面白かった?みんなが選んだ「年間ドラマ大賞」に輝いたのはこの作品!

昨年放送された連続ドラマは、約120。そんなにたくさんあったのかとビックリする方も多いのではないだろうか。そんな数あるドラマの中から、「年間ドラマ大賞」が決定した。

「年間ドラマ大賞」は、テレビ情報誌「TV LIFE(テレビライフ)」が誌面で公募。はがきとWebによる読者投票で決定される。毎年恒例となっており、今年で24回目を迎えた。

栄えある「作品賞(大賞)」に輝いたのは昨年4月クールに放送された大野智主演「死神くん」!人間味あふれる死神くん(大野)の親しみやすいキャラクターと、死を宣告され、残された時間を精いっぱい生きる人々の感動的なストーリーが多くの共感を呼び、金曜23時という深夜帯ながら毎回2ケタ近い視聴率を記録し続け、見事に今回「主演男優賞」「主題歌賞」とともに3冠を達成。

受賞について大野は「スタッフさんもホントに大変だったと思う。この作品はみんなで作ったものだから、それを視聴者の方が見て評価してくださったのが素直にうれしい」とコメント。さらに、「毎回ゲストの主人公がいて、死神くんはその人を守る立場だったから、僕よりゲストの方のほうが大変そうだった(笑)」と共演者やスタッフを気遣った。

なお、2月25日発売のTV LIFE6号(3/13号・330円)には、各7部門の受賞者(下記参照)のインタビューを掲載。桜色に染まった大野智のハートフルな表紙が目印となっているので、ぜひ書店で見つけてみよう。

【第24回年間ドラマ大賞2014】作品賞(大賞)・主演男優賞「死神くん」(テレ朝系)、主演女優賞 杏「ごちそうさん」(NHK総合)「花咲舞が黙ってない」(日テレ系)、助演男優賞・新人賞 窪田正孝「Nのために」(TBS系)「花子とアン」(NHK総合)ほか、助演女優賞 石原さとみ「失恋ショコラティエ」(フジ系)、主題歌賞 嵐「死神くん」(テレ朝系)

ちなみに、過去の年間ドラマ大賞受賞作一覧はコチラ(http://www.tvlife.jp/dramaaward)から見ることができる。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。