ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ライブに子連れ」はあり?なし? 求められる共存意識

「ライブに子連れ」はあり?なし? 求められる共存意識

「子どもをライブ会場に連れていく」の声にさまざまな反響が

満員電車に、小さな子どもを連れた家族が乗ってきたらどう思うでしょうか。気になって仕方がないけれど、どうすることもできません。マナー違反かどうかはっきりしていないため、居心地の悪さを経験した人もいることでしょう。

・乳幼児を連れての満員電車
・子どもを連れての居酒屋
・ベビーカーでの並列歩き

上記のようなことは、子連れのマナーとしてよく争点となったりします。また、「ライブに行ったときに子連れ夫婦がとても気になり、子連れでライブは、ありなのか?」といった記事には、下記のような反響があったそうです。

「大きな音が子どもの健康に悪影響だから連れていくべきじゃない」(40代女性)
「子どもにはいろんな体験をさせるべきだから、ありでしょ」(30代男性)
「大人の空間に赤ちゃんはマナー違反では?」(50代男性)

人間にはパーソナルスペース・縄張り感覚がある

駅に「ストップ暴力」などというポスターが張ってあるように、鉄道では駅員や乗客同士の暴力事件などがしばしば起きて問題視されることがあります。人間には、パーソナルスペースというものがあります。簡単に言えば縄張り空間です。自分に近ければ近いほど、親しき者以外がその範囲に入ってくることに不快感を抱きます。満員電車やエレベーターで、人々が視線を上に向けるのは、少しでも視線を遠くすることでストレスを減らそうとするための反応です。

つまり、人々がひしめき合っているような空間というのは、「ストレス」が充満している空間とも言えるのです。ましてや、人々が熱狂する競技場やライブ会場などでは脳にアドレナリンが分泌して、興奮しやすい状態になります。

子どもは、不安や悲しみ、怒りなど大人の表情を受け取る

人間は、二足歩行になったことで骨盤が狭くなりました。ゆえに非常に早産の動物なのです。そんな乳幼児にとって母親は「安全基地」なのです。1歳程度の子どもであっても、母親の表情から強く影響を受けます。子どもが信頼している大人たちが、不安や悲しみ、怒りなどの表情を見せれば、子どもはそれをそのまま受け取ってしまいます。

互いが自己中心的であるならば、他者は「戦う相手」「競う相手」にしかなりません。先に述べたように、早産の赤ん坊を人間は太古から群れで育ててきた動物です。「子連れでライブ会場へ」との議論についても、自分の都合より、互いを「共存する仲間」として尊重する相手と見たならば、マナーという問題への回答が見つかるかもしれません。

(青柳 雅也/心理カウンセラー)

JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。