体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スター・ウォーズイヤーを飾る注目アイテム “ミレニアム・ファルコン”ICカードケースと“R2-D2”等身大フィギュアを親子で遊んでみた

スター・ウォーズイヤーを飾る注目アイテム “ミレニアム・ファルコン”ICカードケースと“R2-D2”等身大フィギュアを親子で遊んでみた

12月18日にシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開を控える“スター・ウォーズイヤー”の2015年。フィギュアやプラモデルなど関連グッズも多数発売されていますが、今回はその中でも特にユニークな『プレミアムバンダイ』の2製品を親子で遊んでみましたので、レビューをお届けします。いずれも予約販売のみ、そして予約締め切りまであと7日間! 気になった人は早めに予約しておくのがオススメです。

“ミレニアム・ファルコン”が頑丈で美しいICカードケースに

CRAZY CASE TOUCH MILLENNIUM FALCON

エピソード4からエピソード6にかけて大活躍した宇宙船で、『フォースの覚醒』トレーラーでも終盤で華麗に姿を現してオールドファンを歓喜させた“ミレニアム・ファルコン”。このファルコン号がICカードケースになったのが『CRAZY CASE TOUCH MILLENNIUM FALCON』です。ICカードを収納・保護するだけでなく、“実用的なおもちゃ”として大人が遊べる製品に仕上がっています。こちらは4月の発送予定で、価格は4860円(税込み、送料・手数料別途)。

『CRAZY CASE TOUCH MILLENNIUM FALCON』販売ページ
http://p-bandai.jp/b-boys-shop/item-1000094976/[リンク]

表面 裏面

まず注目なのが、絶妙なサイズ感と造形の美しさ。ICカードケースということで、手にスッポリ収まるサイズでありながら、ディテールを忠実に再現した美しい造形と彩色により、チープさがまったく感じられません。

繊細な造形 繊細な造形

一般に精密なフィギュアやプラモデルは飾って楽しむものですが、『CRAZY CASE TOUCH MILLENNIUM FALCON』はICカードケースという性質上、いろいろな場所にカチカチぶつけて利用する必要があります。アンテナやコックピット、船首部の突起した繊細な構造を再現しているのですが、自販機や自動改札機にガシガシ当てて使っても壊れない頑丈さを両立しているのです。これはうれしい。

ストラップホール カバンに装着 ネックストラップ

実用性の面では、ストラップホールが付いている点も見逃せません。カバンやベルトループにカラビナでぶら下げたり、ネックストラップで首からぶら下げて使うことができます。

ハイパードライブを再現! タッチで後部が光る

発光ギミック

『CRAZY CASE TOUCH MILLENNIUM FALCON』の“おもちゃ”としての最大の特徴は、ICカードをタッチすると本体後部が発光するギミック。光速を超えて空間をジャンプする“ハイパードライブ”性能で銀河最速を誇る、ファルコン号の飛行シーンを再現して楽しむことができるのです。

発光パターンは3種類

タッチするたびに発光パターンが切り替わります。「点灯」「点滅」「左右に点滅」の3パターンの発光は動画でチェックしてみてください。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。