ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • ネットを覚えた吸血鬼は何をググる? コメディ映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』ジワジワくる本編映像[ホラー通信]
  • 映画『スーサイド・スクワッド』続編、メル・ギブソン、ジョナサン・レヴィン、ルーベン・フライシャーが監督候補に
  • ギレルモ・デル・トロ最新作『クリムゾン・ピーク』予告編 綺麗な屋敷はやがて“危険な生き物”へ――
  • アン・ハサウェイ、ジェニー・モーレン原作の小説『Live Fast Die Hot(原題)』の映画版に主演へ
  • LiLiCoが選ぶ2014洋画No.1! わずか1館の公開から140館越えの拡大公開となった映画『チョコレートドーナツ』
  • スパイク・ジョーンズ監督がドキュメンタリー&初のラブロマンス作を発表
  • 【本編動画】新スパイダーマンは超美形なのにギークな高校生がどハマり! 実際の高校に潜入も
  • 『アイアンマン』と『キャプテン・アメリカ』に変身してみた2015夏! 頭身とか色々おかしい!
  • 映画『ナルニア国物語』シリーズ、4作目のプロジェクトが進行中
  • 映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』橋本環奈インタビュー “天使過ぎる組長”役で映画初主演
  • 福山雅治×リリー・フランキー×是枝監督! 『そして父になる』DVD&BDでも見れないスペシャル動画
  • 「ドラクロワ」「フェルメール」「ゴッホ」 『猿の惑星』名画パロディが自宅に飾りたい完成度
  • あさって8/28公開!『テッド2』ざっくり直前レビュー
  • 【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2018/4/7号:一人旅女子の壮絶監禁記録『ベルリン・シンドローム』
  • ヘレン・ミレン、映画『ワイルド・スピード』シリーズ第8弾に出演へ

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『iPhone/iPad』に最適! エレコムからBluetooth対応フルキーボード2機種発売へ

TK-FBP013EWH


エレコムは、Bluetooth2.0に対応したワイヤレスフルキーボードを、8月下旬より発売します。『iPhone/iPad』用のキーボードとしても使いやすい英語配列を採用。『iPhone/iPad』用にBluetoothキーボードを探している人にもおすすめのキーボードです。テンキー付きのスタンダードサイズとテンキーなしのコンパクトサイズの2サイズを用意しています。

今回発売するのは、スタンダードサイズの『TK-FBP014EWH』と、コンパクトサイズの『TK-FBP013EWH』の2機種。いずれもBluetooth2.0に対応し、『iPhone4/iPhone3GS/iPad/iPod touch(第三世代)』などのApple製品に最適な英語配列を採用しています。また、Bluetoothモジュールを内蔵するパソコンであればレシーバなしで使用可能です。

TK-FBP013EWH

両製品とも、最大で9台のBluetooth対応機器を登録可能。登録はペアリングのみで完了し、登録した機器との接続は『接続先選択キー』を使って瞬時に切り替え可能です。操作範囲は、木製デスクなど非磁性体上で約10メートル、スチールデスクなどの磁性体上でも約3メートル。『電池残量表示ランプ』を搭載し、電池の交換時期をいつでも確認できます。

キータイプには、薄型のキートップでも軽快で確実なキータッチを実現するパンタグラフ式を採用。緩やかなカーブを描くラウンドパネルデザインにより、自然なキータッチで快適な操作を可能にしました。キートップには、入力ミスをしにくい、大きく見やすいオリジナルフォントを使用。キーボードの傾斜角は2段階に調節できるキーボードスタンドを装備し、接地面のラバーが滑り止め効果を発揮して、安定した操作を可能にします。未使用時には自立しますので、デスクスペースを有効に使用できます。

TK-FBP014EWH

テンキー付きスタンダードサイズのフルキーボード『TK-FBP014EWH』は、W389.5×D130.75×H25.0mm、565g(電池含まず)、キーピッチは19mm、コンパクトなフルキーボード『TK-FBP013EWH』は、W221.2×D99.0×H20.8mm、246g(電池含まず)、キーピッチは15.6mm、いずれも英語配列ながら「かな」「英数」キーを搭載し、『iPad』などのApple製品なら、ワンボタンで日本語/英語入力の切り替えが可能。価格はいずれも8400円(税込み)です。
 
 

■関連記事
好きな色に光らせて使えるプログラマブルキーボードがパワーアップ! 『LUXEED raMa』
【GIFTEX2010】木の風合いを楽しむ『Hacoa』のPCアクセサリー
エレコムが「高速スクロール」「進む/戻る」操作可能な新感覚タッチホイールマウス発売へ
2.8型ディスプレーを搭載した“iriver”の音楽プレーヤー『S100 Panorama』
あの有名マンガ家とマクドナルドのコラボ! 『iPhone/iPad』アプリ『マックでマンガ』無料配信開始

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。