ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

業界最薄36mm! ソニーが超薄型BD/DVDプレーヤー『BDP-S370』発売へ

ブルーレイディスク/DVDプレーヤー『BDP-S370』


ソニーは、ローディング(ディスク読み込み)時間を従来比50%短縮するとともに、高さ36mmと大幅な薄型化を実現したブルーレイディスク/DVDプレーヤー『BDP-S370』を9月17日より発売します。価格はオープンですが、予想販売価格は2万5000円前後です。

ハイビジョンテレビの急速な普及により、家庭で高画質映像を楽しむ機会が増え、ブルーレイディスクソフトの累計発売タイトルも国内で2500タイトルを超えました。このような背景のもと、ソニーでは操作性や設置しやすさ、ネットワーク活用などハードウェアとしての利便性を高めた、低価格のブルーレイディスクプレーヤーとして『BDP-S370』を発売します。

『BDP-S370』は、ローディング時間を従来より約50%短縮。ディスク読み込み時に長時間待つ必要がありません。『高速起動モード』も搭載しており、電源OFFの状態から約3秒でトレーがオープンするなど、電源起動から視聴までの全プロセスを高速化しました。また、大幅な薄型化により、業界最薄の高さ36mm、奥行き212mmのコンパクトサイズを実現。限られたスペースでもすっきり収納できます。

独自のアルゴリズムにより、DVDを高画質化して楽しめる『プレシジョンシネマHDアップスケール技術』を採用しており、従来のDVDソフトを大画面で試聴しても、高密度でクリアな映像を楽しめます。スマートフォンでのリモートコントロールにも対応。ネットワーク経由で、『Xperia』などのAndroid端末や、『iPhone』などからの操作や連携も可能になりました。

コンテンツ情報提供サービス『Gracenote』にも対応しており、インターネットに接続しておけばディスク挿入時に自動的に情報を取得して表示します。『Gracenote』から修得したディスク情報は、スマートフォン上に表示し、関連情報を『Youtube』で検索することも可能です。DVD/CDのほか、スーパーオーディオCDの再生にも対応。USBメモリーやパソコンの外付けハードディスクに保存しているさまざまなフォーマットの動画や音楽、JPEG画像の再生も可能です。サイズはW430×H36×D219mm(突起含む)、重さ約2.0gです。
 
 

■関連記事
業界初! 東芝から3D対応ブルーレイ再生機能を搭載したノートPC『dynabook TX/98MBL』発売へ
海外のブルーレイ作品が日本で再生できるかどうか判別できるサイト
スナップ写真を撮るようにハイビジョン動画を撮影するHDモバイルムービー『MobiCam』
東芝から液晶テレビ『レグザシリーズ』の3D映像対応製品を発売へ
日本エイサーから3D対応プロジェクター『X1110/X1261』と3Dメガネ『E1b』発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき